【株を売れない!?】リーマン・ショックのような大暴落が来た時には、どうやって損切りすれば良いの?

【株を売れない!?】リーマン・ショックのような大暴落が来た時には、どうやって損切りすれば良いの?
【株を売れない!?】リーマン・ショックのような大暴落が来た時には、どうやって損切りすれば良いの?

私のような若輩者は、リーマン・ショックのような暴落相場は経験したことが無いんですよね…。

リーマン・ショックの時は、以下のような非常事態が起きたそうです。

  • 多くの株がSTOP安に張り付いてしまい、株を売れない
  • 保有ポジションが暴落しているのに、何もできない
  • 暴落により追い証が発生し、決済売りが集中するため、更なる暴落が生まれる
  • 信用売買のための担保資金が引き上げられ、追い証にかかりやすくなる

こんな経験、リーマン・ショック後に投資を始めた方は、経験したことが無いんじゃないでしょうか?

そもそも、STOP安で株が売れないという経験をしたことがある方は、そこまで居ないでしょうね。

ですが、こういった悲劇は震災と同じように、いつ訪れるか分かりません。

そこで今回は、とある投資家の方に、「リーマン・ショックのような大暴落での対処法」というお話しを伺ってきました。とても役立つ「対処法」ですので、ぜひ参考にして下さいね^^@

 

目次

  1. 本当の大暴落で、上手く損切りするための1つの対処法とは…?
  2. まとめ:「空売り」という選択肢を持っておこう!

 

1. 本当の大暴落で、上手く損切りするための1つの対処法とは…?

本当の大暴落で、上手く損切りするための1つの対処法とは…?

「待てども待てども、株を売れるようにならない。株は売れないのに、どんどん株価が下がっている。早く逃げたいのに、逃げられない…」

もしあなたが、リーマン・ショックを経験した熟練の投資家ならば、こんな状況に陥っていたかもしれないですね。

こういう暴落が来てしまうと、私たちにはもう、なす術が無いように見えてしまいます。

「ああ、このまま今まで稼いできたお金がパアになるのかな…」

絶望感とも言える感情を抱きながら、ただただ何もできずに居た方が殆どでしょう。

…ですが、実は、こんなときに「1秒でも早く損切りして、悪夢から抜け出す」対処法があるんです。

その方法とは、「損切りできない株と同業種の別の株を、空売りする」というものです。つまり、「似たような株を空売りして、擬似的に損切りした状態」をつくるという訳なんですね。

以上をまとめると、

  • 「大暴落が来て、株を売れないとき」には、同業種の似たような銘柄を「空売り」することで、擬似的に損切りを済ませることができる

ということ。

普段から、サヤ取り投資をされている方や、機関投資家のような方ならば、こういったリスクヘッジの仕方をご存じのはずです。投資のプロも行っている「暴落からの逃げ方」ですので、ぜひ覚えておきましょう。

 

2. まとめ:「空売り」という選択肢を持っておこう!

まとめ:「空売り」という選択肢を持っておこう!

普段はあまり馴染みのない「空売り」。ハイリスクなイメージがつきまとい、毛嫌いされがちな投資手法ですが、リーマン・ショックのような非常事態では、リスクを減らすために絶大な効力を発揮します。

なかなか使いどころはありませんが、空売りは、いざという時に「使える」と、とても便利です。

来るべき暴落の日のために、今のうちから空売りの準備をしてみては?