「割安な株」を買ったのに、株価がズルズル下がってしまうのは何故?

「割安な株」を買ったのに、株価がズルズル下がってしまうのは何故?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
「割安な株」を買ったのに、株価がズルズル下がってしまうのは何故?

バリュー投資では、「割安な株」を買うのが大切。上手くやれば、配当金や株主優待で高利回りを目指せます。しかし、、、

ある日、株を始めたての友人が、「割安な株を見つけた!」と、意気揚々と話しかけてきました。

どうやら、年間利回りが5%を上回る、良い株式だそうな。本人は興奮を抑えきれない様子で、当時持っていた資金の70〜80%を1銘柄に投入。大きな賭けに出ることにしたようでした。

…すごい度胸ですよね笑

この話を聞いてから数年後。ふと彼の様子が気になりました。耐えかねた私は、彼に電話し、「あの株、どう? 調子良い?」と聞いてみることに。

彼の返事は、私の想定していたものとは全然違いました。

 

目次

  1. 「割安な株」を買ったのに、株価が下がってしまうのは、何故?
  2. 「万年割安株」と「バリュー・トラップ」に気をつけろ!
  3. 割安株を買うなら、売却益は狙わないのが無難…?
  4. まとめ:割安な株を買うなら「配当益」を狙え!

 

1. 「割安な株」を買ったのに、株価が下がってしまうのは、何故?

「割安な株」を買ったのに、株価が下がってしまうのは、何故?

さて、冒頭でご紹介した友人は、「割安な株」を購入した後、どのような結末を迎えたのでしょうか?

ちょっと、見てみましょう。

—–以下、会話—–

私「あの株、どう? 調子良い?」

友「いや、それがさ。あの後、どんどん株価が下がっちゃって…」

私「え? 割安だったのに?」

友「そう。そのまま塩漬けになっちゃって。持ち続けるのが怖くなって、さっさと売り払っちゃったんだよね。」

私「そうだったのか…」

—–会話終わり—–

せっかく割安な株を買ったのに、こういう罠にひっかかってしまう方は少なくありません。

銘柄選びや、投資行為自体は間違いではないのですが…。

こういう罠にひっかかってしまうと、なかなか利益が出せずに伸び悩むことになるんですよね。

なぜ、上手く「割安株」を買えたのに、利益が出せないことがあるのか?

それは、「万年割安株」「バリュー・トラップ」という2つが原因になっています。

 

2. 「万年割安株」と「バリュー・トラップ」に気をつけろ!

「万年割安株」と「バリュー・トラップ」に気をつけろ!

万年割安株…という言葉をご存じですか?

万年割安株とは、「なかなか値上がりせず、いつも(指標的には)割安な状態が続いている株」のことを指します。こういった株は、割安な状態で買ったところで、株価が上がるのはなかなか期待できません。

商社株などが恰好の例で、PER10倍以下、PBR1倍以下なんてことはザラにあります。

このような株が割安なのには、将来見込みが期待薄だったり、収益源である商品にデッドラインがある(=特許切れや、保有権切れetc)があるのが原因だと考えられます。

また、このように、「一見、割安なのに、株価がなかなか上がらない / 下がってしまう」という現象を、バリュー・トラップと言います。

バリュー・トラップには、「割安株に投資したい」という方や、「配当を狙ったバリュー投資をしたい」という方が、よく陥ります。

「安い株を買って、値上がりを狙いたい!」

こんな野望を持っている方は、万年割安株や、バリュー・トラップに引っかからないように注意が必要です。

 

3. 割安株を買うなら、売却益は狙わないのが無難…?

割安株を買うなら、売却益は狙わないのが無難…?

「株を長く持つ!」

バリュー・トラップは「なかなか値上がりしてくれない」という厄介な状況ですが、もしあなたが配当金目当ての投資家なのであれば、さして問題はありません。

むしろ、「なかなか値上がりしてくれない」という状況のおかげで、株をしばらく割安な状況で買い増しできたり、高配当な状況が続いたりするので、おトクかもしれません。

よって、割安株への投資を検討している方は、「売却益」を狙うのではなく、主に「配当金」による収入を目指すべきだと考えられます。

長期的に安定して、配当の得られそうな企業を選ぶのが、良い判断でしょう。

 

4. まとめ:割安な株を買うなら「配当益」を狙え!

まとめ:割安な株を買うなら「配当益」を狙え!

万年割安株や、バリュー・トラップ。

株の本を何冊か買ったときには、「安い株を買えば儲かる!」という記載があったりしますが、実際問題、そんな簡単なものじゃありません。

割安株を買ったのに、「なかなか値上がりしないでイライラする」というのは、株の初心者ならよくある悩み。

ですが、「割安な株を買えば、配当も値上がり益も得られて一石二鳥だ!」と、過度に大きな期待を持ってしまうと、想定通りに値動きしなかったときにストレスが溜まりやすくなります。

実際問題、一石二鳥の銘柄なんて、そうそう簡単には見つかりません。大した分析もせずに見つけられるのならば、私たち以外の投資家が、すでに買っていますからね。

「万年割安株」に手を出してしまうと、なかなか売買差益は得られません。こういった株を買いたいのならば、いっそ配当益を狙ってみてはいかがでしょうか?