【ご紹介】3年で数千万を稼いだ熟練投資家が「初心者のための」最適な投資法を教えてくれた!

決算発表が活発な今、狙い時なのは…?
【ご紹介】3年で数千万を稼いだ熟練投資家が「初心者のための」最適な投資法を教えてくれた!

初心者に合った投資手法って、何だと思いますか? その答えは…。

このあいだ、若手投資家の方と日本株について語る機会を頂きました^^@

彼は20代の若手ですが、数百万だった元手を数千万にまで増やしており、今も着実にお金を増やしています。……すごい笑

株のセンスも私よりはるかにあり、「嗅覚に優れた投資家」という感じですね。私はどちらかといえば学者肌、「数字大好き」人間ですが、彼は根っからの「株大好き」人間というイメージです。そのためか、株で稼ぐための引き出しの数がとてつもなく多い!

彼の運用手法も面白いのですが、それ以上に面白かったのは、「投資初心者に合った投資法」の話でした。

今回は、そのときの会話を公開しちゃいます!

—–以下、会話—–

若手投資家(以下、『投』と表記)「初心者が逆張り投資に手を出しちゃいけないよね」

私「え!? 私、株を始めたばかりのとき、逆張り投資やってましたよ汗」

投「中原さんは、運が良かったんだね…。普通なら、大失敗するよ。」

私「そうなんですか? 逆張りの方が割安に株を買えますから、理に適ってると思うし簡単だと思うんですけど…」

投「それは、中原さんが初心者じゃないからだよ。本っ当に初心者、株の右も左も分からないっていう方は、逆張り投資なんてやっちゃダメ。それこそ、身を滅ぼすと思うよ」

私「…ちなみに、なんでですか?」

 

…あなたは、なんでだと思いますか?

 

目次

  1. 初心者には順張り投資がおすすめ!
  2. まとめ:大切なポイントは「早くミスに気付けるか」

 

1. 初心者には順張り投資がおすすめ!

初心者には順張り投資がおすすめ!

—–以下、会話—–

私「ちなみに、なんでですか?」

投「だって、逆張り投資って、ミスに気付けないじゃないですか?」

私「…え? どういうことですか? 全然分かりません^^;」

投「つまり、逆張りって下がっている株を買いますよね。」

私「そうですね、合理的な投資法だと思います。」

投「そうだね。じゃあ、買った後にもっと下がったらどうする?」

私「ナンピン買いするか、損切りします」

投「そう。その2択になりますよね? でも、その2つの選択肢から、正しい1つを選ぶのって難しくないですか?」

私「確かに…」

投「逆に、順張り投資をするときのことを考えてみてください。」

私「上がってる株を買うってことですか?」

投「そうそう。いかにも理に適ってない。割高になりつつある株を、買うよね。もうその時点で及び腰なワケ。【もうすぐ下がるんじゃないか…?】と、常に不安と戦いながら株を買う。」

私「…ですよね、それこそ難しくないですか?」

投「そうでもないよ。だって、順張りしてる限り、株価が下がったらすぐに【自分の判断が間違いだった】って気付けるもの。」

私「ああ、なるほど! 逆張りだと下がっても、【もっと割安になった!】とか言って、自分を正当化できちゃいますもんね。ミスしてても、なかなか気付けないってことか。」

投「そうそう。逆張りは勝率が高いから、好かれる傾向があるんだけど…。それでも、勝率80%とれて、やっとトントンってこともあるじゃない。8回でチマチマ勝ってても、残りの2回でドカンと負けるから、それこそ精神的にもたない。しかも、2回のミスがいつくるかなんて分からない。逆張りでのチマチマした成功体験のせいで、【損切りできない体質】ができちゃうから、本当に危ないとき、たとえば大暴落が来たときには、かわせずに、むしろどんどんナンピン買いして損を膨らませちゃうなんて人はゴマンと居る。」

私「…そんで、ズルズル下がって、塩漬け銘柄が盛りだくさんになってしまう、と」

投「そゆこと。逆張りって、見た目は理に適ってるけど、【ミスを認められなくなる、ミスを見つけられない】って意味ではものすごく危険な投資法なんだよ」

私「それはたしかに、そのとおりですね…。」

 

2. まとめ:大切なポイントは「早くミスに気付けるか」

まとめ:大切なポイントは「早くミスに気付けるか」

「逆張りは危険」。この大きな理由は、以下の2つでした。

  • ミスしても、すぐには気付けない。むしろ、ナンピン買いしてしまって傷口を広げてしまいかねない。
  • 勝率が高いため、「ミスしたときの対処法」が身につかない。そして、些細な成功体験の積み重ねのせいで、無駄にプライドが高くなってしまい、自分のミスを認められない。

もしあなたが株の初心者なら、ぜひ順張り投資から始めてみては、いかがですか?