株で稼いでいるデイトレーダー達の1つの共通点。

株で稼いでいるデイトレーダー達の1つの共通点。
株で稼いでいるデイトレーダー達の1つの共通点。

1年で何百万円、何千万円と稼いでいるデイトレーダーの方々とお会いしたときの話。。。

「デイトレーダーになりたい!」

このブログをお読みの方の中には、そんな夢を持っている方がいらっしゃるかもしれませんね。

デイトレーダーになるのは、あなたが思っているよりも大変なことではありません。それに、難しいことでもありません。誰でも、1ヶ月もあれば、いっぱしのデイトレーダーになれんじゃないかなぁ…と思います。

そして、デイトレーダーとしてお金を稼ぎたいと思っている方ならば、一度は感じたことのある疑問が、これ。

「いつも稼いでるデイトレーダーには、どんな共通点があるんだろう?」

デイトレードに関する情報はネットとかに溢れていますが、「デイトレードを実際にやっている人たち」が身近に居るという方は少ないでしょう。

そんな方のために、私がお会いしてきたデイトレーダーの方々の中でも、「成果を出している」人々の共通点を1つ、ご紹介しましょう。

 

目次

  1. 株で稼いでいるデイトレーダーの1つの共通点。
  2. まとめ:「勝負をする前」から勝負は決まっていた。

 

1. 株で稼いでいるデイトレーダーの1つの共通点。

株で稼いでいるデイトレーダーの1つの共通点。

結論から申し上げると、株で稼いでいるデイトレーダーは皆、「とにかく手数料にうるさい」です。

稼いでいるデイトレーダーほど、口座開設キャンペーンや、「月間いくら取引すれば翌月の手数料が無料!」などのキャンペーンに目がないです。常に1円でも安く売買できる証券会社を探し求めています。

よくよく考えてみると、彼らが手数料にうるさいのには、それなりの理由があります。デイトレードは、「どんなに長くても、1日しか株を持たない」投資法です。言い換えれば、1日で株を買い、そして売る…という、2回の注文を出さなくてはなりません。

1日注文が2回ですから、片道の売買手数料が500円ならば、往復で1,000円に。デイトレーダー達は、わずか1日という短い期間で、「1,000円以上を稼がなきゃ負け」という状況に身を置いていることになります。…結構、ハードルが高いですよね汗

稼いでるトレーダーほど、「勝つためのハードルを下げる」ことに必死です。つまり、「簡単に稼げる方法は無いか?」と、常日頃から情報収集をおこない、安い手数料の証券会社を探し求めています。

総利益 = 合計損益 − 運用コスト

上の式を見ればお分かりのとおり、総利益を増やす方法は、「合計損益をプラスに増やす」か「コストを減らす」という、2つの方法しかありません。特に、デイトレーダーのように、コストが高いトレードをしている方にとっては、手数料を下げることは稼ぐための生命線なのです。

 

2. まとめ:「勝負をする前」から勝負は決まっていた。

まとめ:「勝負をする前」から勝負は決まっていた。

株で稼ぎを増やす方法は、2通りしかありません。

運用損益 = 売買損益 − 運用コスト

稼げそうな株を探すことに熱心な方は多いですが、手数料を下げようと努力している方は少ないでしょう。ですが、株で成功しているデイトレーダーは、1円でも手数料の安いところを探し出し、「可能な限り簡単に稼げる環境をつくる」ことに余念がありません。

株を売買する前から、(手数料的な意味で)すでに勝敗は決している…。

ちなみに、証券口座選びの方法については、以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

もしあなたがデイトレーダーを目指しているのならば、「自分の投資環境」に、こだわってみてはいかが?