投資を始めるなら「形式知」と「暗黙知」の違いは知っておきたい。

投資を始めるなら「形式知」と「暗黙知」の違いは知っておきたい。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
投資を始めるなら「形式知」と「暗黙知」の違いは知っておきたい。

投資の勉強をすればするほど、「昨日までの自分を呪ってやりたい」と恥ずかしい気持ちになります。

はじめて買ったチャート本は「初心者でも分かるチャート分析!」みたいなタイトルでした。

書いてあったのは、ローソク足分析の方法とか。「このチャートが出たら買おう!」とか、「このチャートが出たら売ろう!」という内容が詰まっていました。

ただ、ぜんっっっっっぜん役に立たなかったです!

うーん…。なんというか、形式知では理解し難い内容って感じでした…。英単語の勉強みたいな感じで。「覚えるだけ」。理由も何も分からないし「本当にそうやって使えば良いの?」という感じ。

 

目次

  1. 形式知と暗黙知の違いとは?
  2. まとめ:「学習」と「経験」を両立しよう。

 

1. 形式知と暗黙知の違いとは?

まとめ

チャート分析がなんでなかなか理解ができないのか? それは、「多くの人がなんとな〜く直感的に理解している」だけで、「理由を説明できない」から。

このように、説明できない知識を「暗黙知」と言います。

逆に、きちんと筋道立てて伝えられる知識が「形式知」というもの。

投資って、「説明できない=暗黙知」が多くを占める世界みたいなんですよね。だから、なかなか理解できない。「チャート見れば上がる株が分かる」とか「テレビみてれば3倍になる株が分かる」というように、鋭い感性を持つ人も居ます。が、フツーの人には全然分からない。

形式知が氷山の一角ならば、暗黙知は見えていない氷山そのもの。本で学べる形式知ではどうにもならないからこそ、難しいんですよね。

チャート分析やファンダメンタル分析は「暗黙知」での戦いが大きいところもあります。現に、成功している投資家は、財務データを見ながら「これからの見通しの良い企業」を探したり、チャートを見ながら「明日には反発しそうな企業」を探しているんです。もちろん、頼っているのは「勘」です。

ただ、暗黙知だけに頼って投資するのも非常に危険。なぜなら「よく分からないけど儲かってます」というフワフワした状態で取引することになってしまうからです。これでは、「気づかない間に、うまく投資する方法を忘れてしまいました」ということもあり得るんですよね。したがって、本を読むことも非常に大切。時期にあった「投資哲学」を持つために、形式知も欠かせません。

結局、両方とも必要なんですけどね。

 

2. まとめ:「学習」と「経験」を両立しよう。

まとめ

投資を続けるなら、「説明できない」と言われている暗黙知を「説明できる」形式知に変えたり、組み合わせる作業が大切。

たとえば、前回の記事では

  • 「なんとなく、押し目買いが勝てる気がする」= 暗黙知
  • 「人気な株ほど価格弾力性が働く」= 形式知

の2つの知識を組み合わせることで「人気株が下落したときに株を買うと良い」という投資戦略が得られるわけです。

あなたはどんな知識を持っていますか?