【ファンダメンタル分析】インデックスファンドを出し抜いた売買をしたい。

【ファンダメンタル分析】私だったら、インデックスファンドを出し抜いた売買をしたい。
【ファンダメンタル分析】私だったら、インデックスファンドを出し抜いた売買をしたい。

ファンダメンタル分析が苦手な私が、「勝つため」に分析するとしたら、どうやるのだろうか?

私の専門はチャート分析であって、ファンダメンタル分析ではありません。ただ、ファンダメンタル分析をしている読者の方がいらっしゃるのも事実。

先日、ファンダメンタル分析もしている投資家の方から

「中原さんならどうやって分析しますか?」

というお問い合わせを頂きました。

ううむ。難問。

そもそもファンダメンタル分析が苦手だったからチャート分析をするようになった私です。正直なところ、分かりません苦笑

ただ、「勝つため」のアイデアはあります。上手く行くかは分かりませんが…。

今回は、財務分析ド素人の中原がファンダメンタル分析をするとしたら、どんなアプローチをとるのかをご紹介しましょう。

 

目次

  1. インデックス・ファンドの特性
  2. 上場基準を学習する
  3. まとめ:「インデックス投資」が流行るほど効果が増す。

 

1. インデックス・ファンドの特性

インデックス・ファンドの特性

これまで何度かご紹介してきたインデックスファンド。このインデックスファンドにはある特性があります。

あ、ちなみに、「インデックスファンドについて詳しく知らない!」という方は、以下の記事を読めば大体分かるかと思います。

2つ目のリンク先の記事は、インデックスファンドについてあまり語られない「短所」についても明らかにしてくれています。

この弱点とは、「インデックスを形成している株式を購入しなければならない」というもの。インデックス・ファンドは、その名の通り「インデックスに連動しなければならない」という強烈な制限を設けています。それが故、インデックスを構成している銘柄が入れ替わった時が大変。構成から外れた銘柄は売らなければなりませんし、新しく構成銘柄になったものは買わなければなりません。

これが理由で、「東証二部の企業が、東証一部へと上場する」という時には、TOPIXインデックスの構成銘柄になる訳ですから、急激に需要が高まり、株価が急騰します。

私なら、ファンダメンタル分析をするときには「上場先の格上げ」を行いそうな企業を探すでしょう。そして、インデックス・ファンドによる需要増加を掴もうとすると思います。

 

2. 上場基準を学習する

上場基準を学習する

この投資法を実践するためには、東証一部への上場基準をきちんと知っておく必要があります。

具体的に「どんな企業なら確実に一部に上場できるか」という情報は得られませんでしたが、審査基準は東証が公開しています。詳しい情報は以下のリンクよりご確認ください。

そして、「審査条件を既に満たしているがまだ昇格していない」企業の株を購入しておきたいですね。過去の昇格ケースを調べ、「どの程度余裕を持った企業なら昇格できたのか」、その共通点を調べると思います。

 

3. まとめ:「インデックス投資」が流行るほど効果が増す。

まとめ:「インデックス投資」が流行るほど効果が増す。

初心者の方には、少し難しかったかもしれませんね。

今回ご紹介した投資法は、「インデックス投資」が流行れば流行るほど収益性が高まります。

最近は投資家人口も増えていますし、投信を購入している個人投資家も多いはず。インデックス投資の流行り具合は、ETFの売買代金を見ればすぐに分かるでしょう。

ファンダメンタル分析を極めたいという方は、ぜひ「一部指定」を狙った投資法をマスターされてみては?