ペルソナマーケティングと株式投資を融合せよ!

ペルソナマーケティングと株式投資を融合せよ!

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
ペルソナマーケティングと株式投資を融合せよ!

読む前に、「ペルソナ」という言葉の意味を調べておいてください。

ペルソナ:

「ペルソナ」という言葉は、元来古典劇において役者が用いた「仮面」のことだが、心理学者のユングが「人間の外的側面」の概念をペルソナと呼んだことから、マーケティングにおいては、「企業が提供する製品・サービスにとって、もっとも重要で象徴的なユーザーモデル」の意味で使われている。

氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といった定量的なデータだけではなく、その人の生い立ちから現在までの様子、身体的特徴、性格的特徴、人生のゴール、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、消費行動や情報収集行動などの定性的データを含めて、あたかも実在するかのような人物像を設定するが、更にイメージを明確にするために顔写真などが用いられる場合もある。

(引用元:SMMLab

 

目次

  1. 私はチャートを読まない。
  2. 投資でもペルソナを作ろう。
  3. まとめ:チャートは本質ではない。

 

1. 私はチャートを読まない。

私はチャートを読まない。

私はテクニカル分析が専門です。そういうと、

きっと、毎日チャートを読んでいるんだろうな…

と想像される方も多いのですが…。

実は全然チャートを読んでいません笑 ですから、「こういうチャート形は魅力的だ」みたいな話をされたところでついていけません。

では、どうやって投資をしているのかと言うと、「投資家がこういう時に、どうやって動くのだろう?」という想像をしまくって、計画を立てています。この時に使っているのがペルソナ。マーケティングでも使われている手法です。

 

2. 投資でもペルソナを作ろう。

投資でもペルソナを作ろう。

投資でもペルソナを作るのが可能です。例えば、兼業投資家のアグレッシブな方。彼らは「攻撃的に投資をしたい」と考えていますが、夜のうちにしか注文ができないため、寄り付き時での約定が目立ちます。

彼らの動きを想像していくと、

「寄り付き時が極端に安く/高くなるかもしれない」

という仮説が生まれ、精度の高い逆張り戦略が作れるようになる訳です。

他にも、「割安な株を買いたい人」や「仕手株を狙う人」、「デイトレードする人」など、いくらでも想像できるはず。

重要なのは「本人になりきる」こと。彼らの持つ制約を考慮して「どんな株を買っているのか」をロジックで詰めていきます。

 

3. まとめ:チャートは本質ではない。

まとめ:チャートは本質ではない。

「どうやってチャートを読めば良いのですか?」

こんなお問い合わせもよく頂きますが、チャートは「結果」でしかなくてそこまで重要ではありません。重要なのは、チャートの裏に隠された「投資家の意図」です。

ここを逃せばチャートを読む意味もありませんし、上手く投資なんてできませんからね。

あなたは、何を読んで投資していますか?