【アイデア】デイトレーダーが資金効率を倍に引き上げる方法を思いついた。

【アイデア】デイトレーダーが資金効率を倍に引き上げる方法を思いついた。
【アイデア】デイトレーダーが資金効率を倍に引き上げる方法を思いついた。

良いアイデアを思いつきました。実現するには…どうすれば良いんだろう?

最近、「こうすれば倍速で資産運用できるな」というアイデアを思いつきました。

この記事を書いている間も、私はニヤニヤが止まりません笑

ただし、超えなければいけないハードルが1つ。それは、「9:00ちょうどに注文できる状態」をつくることです。

…注文できますか? できる方にとっては、資金効率を格段に高めるチャンスがありますよ。

今回は、その方法とアイデアを1つご紹介しましょう。

 

目次

  1. トレードシステムを2つ以上持っていること。
  2. 9:00に何をするのか?
  3. まとめ:資金効率が格段に高まるはず。

 

1. トレードシステムを2つ以上持っていること。

トレードシステムを2つ以上持っていること。

実は、このアイデアを実践するには、あと2つだけ条件があります。

それは、トレードシステムを2つ以上持っていること。

そして、一方は寄指注文を利用しており、もう一方は寄指以外の注文方法をとっていること。

これだけです。私のメルマガを読んでいる方なら、全員難なくクリアしていますよね笑 無料レポートで、30以上の投資テクニックを知っているはずですから、可能なはずです。

では、条件に当てはまった人は、何をすれば良いのか?

勘の良い方なら、すでにお気づきですね?

 

2. 9:00に何をするのか?

9:00に何をするのか?

具体的にすること。それは、以下の3つのステップを踏襲するだけです。

  • 寄り指し注文の前日中〜当日朝までに済ませる
  • もう1つのトレードシステムのシグナル(寄り指し注文以外)を全て洗い出しておく。
  • 9:00ちょうどに寄り指し注文が執行されなかった場合、もう1つのシステムで発生したシグナルを指す。

たったのこれだけ。

え、どういうこと?

初心者の方には、少し難しいかもしれませんね。

何をしているのかをカンタンに説明すると、「1日に2回注文する」ってことなんです。大抵、兼業投資家の方は1日1注文を出すのが限界でしょうが、これでは資金回りが悪い。

特に、寄り指し注文をしている方は、朝一番で約定しなければ、その日一日は何も投資していないこととなってしまいます。ですから、その「朝一番」を監視して、約定しなかった分の資金を他に回せば良いんです。

同じ資金に対して1日2回のチャンスが巡ってきますから、資金効率も当然高まります。

 

3. まとめ:資金効率が格段に高まるはず。

まとめ:資金効率が格段に高まるはず。

1日2回注文する。

実践するのは難しいですが、できればかなり資金効率が高まるはずです。1点、注意があるとすれば、それは「リスクも高まる」という点。こればっかりは避けられません。

ただ、運用資金が少ない方、攻撃的な資産形成をしたいという方にとってはかなり使えます。ぜひ、リスク管理を徹底しつつ、資金効率を2倍に引き上げて下さい。