STOP高になった瞬間に銘柄を買えたら、利益は得られるのか?

仮にSTOP高になった銘柄を買えたら、利益は得られるのか?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
仮にSTOP高になった銘柄を買えたら、利益は得られるのか?

「STOP高をつかんだ!」という言葉を聞くと、嫉妬してしまいます。

あらゆる投資サイトで取り沙汰されるのが、STOP高やSTOP安といった銘柄。Twitterやブログで

◯◯がSTOP高になった! ラッキー!

という感じで報告があると、思わず嫉妬してしまいます。

以前の記事で紹介したように、「STOP高」を追いかけ買いするのは危険なワケですし…。

STOP高の銘柄を当日中につかめれば、きっとボロ儲けできるだろう!

みたいな妄想をしています。

かといって、私には「もうすぐSTOP高になる銘柄」を見つける能力なんてありません。

日に日に増すイライラ。積み重なるジェラシー。

そんな矢先、ふと疑問が浮かびました。

STOP高になった瞬間に株を買ったら、さぞかし儲かるんだろうな…。

そりゃそうですよね。「STOP高」というだけでその銘柄は注目されるワケですし、追いかけ買いしたくなる方だって増えるはずです。

 

目次

  1. 「STOP高になった瞬間」に株を買えたとしたら、利益は出るのか?
  2. まとめ:嫉妬する必要なんて、全くなかった。

 

1. 「STOP高になった瞬間」に株を買えたとしたら、利益は出るのか?

「STOP高になった瞬間」に株を買えたとしたら、利益は出るのか?

STOP高銘柄は翌日に買っても利益は出せない…なら、当日中に買えたら最高だろう…。

2月8日に掲載した記事の通り、STOP高になった銘柄を追いかけても損が膨らむことがお分かりいただけたでしょう。

では、「STOP高になった瞬間」に株が買えたら、ボロ儲けできるのではないか…?

こんなことを考えて動向を解析してみました。

きっと、おっそろしいほど儲かるんだろうな…

と想像していたのですが、結果は意外なものでした。

 

Screen Shot 2015-02-15 at 10.39.00

 

面白いのが、直近は損ばかりが続いている…という点。

きっと、STOP高となったら「追いかけ買い」よりも「利益確定の売り」の方が強まっているんでしょうね。

特に、低位株だとこの傾向が強く、むしろ損が出ることの方が多いというのだから驚きました。

今回集計したサンプルは、日中にSTOP高となった全ての銘柄。対象市場は東証一部、二部、マザーズとJASDAQです。

確実に利益が伸ばせるのは、終日STOP高となった銘柄群のようですが、こういった銘柄はよほど運が良くなければ買えません。加えて、日中に売買が成立してしまうような銘柄では「売りたい人が居る」ということですから、本当に続騰するような銘柄はきっと買えないでしょうね…。

STOP高で特に買うべきでないのは、低位株。特に、株価が100円以下や50円以下の超低位株は絶対に手を出してはいけません。

こういった銘柄は制限価格が株価の割に広いですから、STOP高となった時にはすでに過熱感が強まると考えられます。続騰することもなかなか無いようです。

 

2. まとめ:嫉妬する必要なんて、全くなかった。

まとめ:嫉妬する必要なんて、全くなかった。

STOP高をつかめたところで利益が出るか…? という疑問があれば、「そんなことばかりじゃない」というのが現実みたいです。

ここから得られる教訓は、「過熱気味な銘柄を買っても利益が得られない」という点。そして、「保有銘柄がSTOP高になったら利益確定した方がトク」ことですね。

投資をしていると一度は夢見るSTOP高銘柄。ただ、嫉妬するほど憧れるようなものでもないのかもしれません。