【永久保存版】日本株投資での「前日比」の具体的な使いこなし方。

【永久保存版】日本株投資での「前日比」の具体的な使いこなし方。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
Screen Shot 2015-02-12 at 15.41.01

「なんとなく」使うのでは勿体無い。ぜひ、投資の「ヒント」として使えるようになって下さい。

投資家ならば、確認していない人などいない指標。それが、前日比(Change)です。大手ファイナンスのサイトではどこでも見られる指標で、言い換えれば、誰もが注目する重要な指標です。

株価を見ている人にとっては「昨日はいくらだったの?」というのは当然の疑問。タイミングを見計らうためにも誰しもがチェックしているポピュラーな指標ですよね。

計算がカンタンで、感覚的にも理解しやすいことから、大人気な指標です。

ただ、皆が皆、上手く使いこなしているか? と聞かれると疑問符が浮かびます。

そこで今回は、誰でも簡単に使いこなせる、「前日比」の具体的な方法をご紹介します。

 

目次

  1. 前日比の計算方法
  2. データ解析の検証条件
  3. 前日比と株価変動の関係
  4. まとめ:前日比を使いこなして利益を出そう

 

1. 前日比の計算方法

前日比=(現在価格−前日の終値)÷前日の終値×100 (%)

数式自体は難しいですが、要するに「昨日と比べていくら高いの?」という意味です。

本記事を読んでいる方の殆どが兼業投資家なので、日中に株価を確認するのは難しいでしょうから、これを単純化して

前日比=(終値−前日の終値)÷前日の終値×100 (%)

として話を進めていきます。

「1日でいくら変わったか?」が、翌日以降の株価の変動にどのようにして関わってくるのか。

以降では、15年分のデータを用いて検証してまいります。

 

2. データ解析の検証条件

データ解析の検証条件

これからご紹介していくデータは、2000年1月4〜2015年2月12日の約15年間の株価データを統計解析した結果です。対象市場は東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックの4市場。直近売買代金100億円以上、直近株価250円以上の全ての銘柄を解析した結果です。

保有期間のタイムスパンによって、以降の株価変動に影響するタイムスパンも変わることが想定されます。よって、株価を追跡するタイムスパンも以下の3パターンを集計しました。

  • 前日比を算出した翌日の寄付価格(Entrance)〜1営業日後の寄付価格(Exit)
  • 前日比を算出した翌日の寄付価格(Entrance)〜5営業日後の寄付価格(Exit)
  • 前日比を算出した翌日の寄付価格(Entrance)〜20営業日後の寄付価格(Exit)

STOP高/安によって仕掛け/手仕舞いができなかった場合は考慮していません。(どんな状況でも株を買える/売れると想定)

また、評価軸は、縦軸を前日比、横軸を数営業日間の平均株価変動率としました。

横軸の計算式は、以下の通りです。

◎◎営業日間の平均株価変動率=(Exit価格−Entrance価格)÷Entrance価格×100(%)

グラフを読むのが苦手な方は、以下の2点をおさえておけばOKです。

  • 右側に長く伸びている前日比の範囲ほど株価が上がる傾向が強かった
  • 左側に長く伸びている前日比の範囲ほど株価が下がる傾向が強かった

それでは早速、統計解析の結果を見ていきましょう。

 

3. 前日比と平均株価変動率の関係

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

 

 4. まとめ:前日比を使いこなして利益を出そう

まとめ:単純移動平均を使いこなして利益を出そう
今回ご紹介した指標、前日比。ただ前日と比べるだけですが、使いようによっては莫大な利益を生み出してくれる指標です。

現在の日本のマーケットでは売買の活発な銘柄の下落傾向がとれていますが、これは今後変わってくるでしょう。

しかし、「急上昇した銘柄ほど翌日以降の下落傾向が強い」という点は拭い去れないでしょう。さしずめ、「急騰した銘柄の追いかけ買い」には注意が必要です。

いつも目にしているのに「役立てられない」というのは、あまりに勿体ない。ぜひ、本記事を活用し、今後の株式投資に役立てて下さいね。