【上級トレーダーなら即答できる】安全な資産形成に不可欠な1つの条件とは?

【上級トレーダーなら即答できる】安全な資産形成に不可欠な1つの条件とは?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【上級トレーダーなら即答できる】安全な資産形成に不可欠な1つの条件とは?

安全な資産形成に必要なものと聞いて、真っ先に思い浮かべるのは何ですか?

あなたに質問です。

「安全にトレードする」ために必要不可欠なものと言えば、何を思い浮かべますか?

…馬鹿げた質問と思われるかもしれません。

しかし、果たして正しい答えが得られたでしょうか?

たとえば、こんなものを考えませんでしたか?

  • 割安/割高であること
  • 需給が読めること
  • 自分が業界のエキスパートであること

もっともらしい答えを挙げれば、キリがありませんね。

ただ、残念ながらこれらの中に、正解はありません。これらは「あれば嬉しい」条件ですが、不可欠ではありません。実際、これらの条件に当てはまらない人でも着実に利益を上げている方はゴマンと居るでしょう。

…答えが気になりますか?

ではズバリ、答えをお教えしましょう!

 

目次

  1. 安全な資産形成に不可欠な1つの条件
  2. まとめ:「いざという時」を考えると…。

 

1. 安全な資産形成に不可欠な1つの条件

安全な資産形成に不可欠な1つの条件

トレーダーの生命線。それは、「投資先の流動性」です。意外な結果ですよね。

勘の良い方ならば、「なるほどな」と膝を打っていることでしょう。

なぜ流動性がそんなに重要なのか。それは、取引をするときに密接に関係しています。

流動性の低い投資先の極みといえば、「上場廃止」や「STOP安」などが挙げられます。

たとえば、あなたが今株を持っているとして、上場廃止されてしまったら、株をお金に換金できない…という最悪の事態に陥ります。つまり、「引き出せない貯金箱」のようなものなんです。STOP安となっている場合も同様で、こんな状況に陥れば株を売りたくても売れません。これも同じ、「引き出せない貯金箱」ですね。

つまり、「いかに素早く換金できるか」というのが、トレーダーにとっての生命線となります。これはどんなものに投資をしていても同じで、不動産、現物、為替、貯金、ETF、株式、先物、オプション、すべてに当てはまります。

他の例を挙げると、不動産は流動性の低い投資対象と言えます。投資用マンションを売りたくても、買い手なんてなかなか見つからないですもんね。

流動性が低いものに投資してしまうと、なかなか換金できません。どんなに稼いでも、どんなに損をしても、お金に「戻す」ことが困難になってしまいます。

そして、どうしても換金しなければならない時、流動性の低いものほど不利な条件を飲まなければならないんです。

自己破産した会社などを想像してみて頂ければ、簡単でしょう。

借金を返済するために、工場やオフィス、設備を全て売らなければならない時…。

パソコンや机くらいならYAHOOオークションなどでもそこそこの値段で買ってくれる人が現れるでしょうが、工場やオフィスという高額なものとなればそうはいきません。自分の「売りたい価格」などで買ってくれる人なんておらず、足元を見られてしまうのがオチでしょう。結局、半額くらいにまで価格を落とさないと誰も買ってくれない…という最悪の事態に陥ってしまうんです。

 

2. まとめ:「いざという時」を考えると…

まとめ:「いざという時」を考えると…

「いざという時」が、いつ来るかなんて、分かりません。家族が事故に遭うかもしれませんし、病気にかかるかもしれません。仕事をクビになって急にお金が必要になるかもしれませんし、突然大きなチャンスが訪れるかもしれない。

未来はいつだって不確実。だからこそ、「逃げ道」がきちんと確保されているところに投資をするよう心掛けましょう。