利益確定と損切り、どちらを優先すべきなのか?

利益確定と損切り、どちらを優先すべきなのか?
利益確定と損切り、どちらを優先すべきなのか?

利益確定と損切りのどちらかしか選べないとしたら、どうしますか?

利益確定と損切り。

この2つにつきまとうイメージって、相反していますよね。

利益確定といえば、「勝ったお金を手に入れる」行為。

損切りといえば、「負けたお金を失う」行為。

もし、あなたが1つしか使えないとすれば、どちらを優先しますかね?

ある意味、究極の選択ですが…。多分、この質問の答えで、あなたの重視している投資スタイルが分かります。

良いですか? 使えるのは、1つだけですよ?

 

目次

  1. ひっかけ問題?
  2. 利益確定と損切りの「理由」
  3. まとめ:「優先すべき」なのは、どっち?

 

1. ひっかけ問題?

ひっかけ問題?

さて、あなたは利益確定と損切り、どちらを答えましたか?

  • 利益確定
  • 損切り

ここで、「株式投資で利益を得る方法」を振り返ってみましょう。

利益 = 配当(+優待)+ 売却益

利益確定を選んだ方は、損切りを選べません。
逆に、損切りを選んだ方は、利益確定を選べません。

ですから、「利益確定をする人」は売却益で稼がなければならず、「損切りをする人」は配当(+優待)で稼がなければならないんです。

…引っかかりましたか?

しかし、こうやって見てみると、「売却益を狙っている人が重視すべきは利益確定を重視すべきで、配当(+優待)を狙っている人が重視すべきは損切りである」というのがもっともらしく聞こえてきませんか?

もちろん、これが絶対正しいというわけではなく、あくまで「こんな考えもあるよ」という程度です。気軽にとらえて下さいね。

 

2. 利益確定と損切りの「理由」

利益確定と損切りの「理由」
なぜ、私が繰り返し「利益確定や損切りが重要だ!」と言うのか。これにはきちんと理由があります。今回は、「売却益を狙っている人」と「配当(+優待)を狙っている人」を区別して、その理由をお話ししていきますね。

i. 売却益を狙っている人の場合

売却益を狙っている方は利益確定を重視すべき…という話しをしましたが、ではなぜ利益確定がそれほど重要なのでしょうか?

そもそも「利益確定」は、株式投資においてかなり理に適った行動です。株式には適正価格がありますので、「高すぎる価格は修正され」「低すぎる価格は上がる」という傾向があります。

もしあなたが株を持っていて、含み益が出ているならば、「既に株価が上がった株」ということ。株は価格が上がれば上がるほど、「下がりやすく」なる投資商品ですから、さっさと利益確定してしまい「割安な株」へ資金を移すのが合理的な判断となります。

つまり、利益確定は投資家にとって「効率化」を目指すための行為。「他のもっと魅力的にお金を移す」ために行う、れっきとした「投資の王道」なんです。

もちろん、実トレードでは利益確定だけではなく、損切りもできます。あなたが売却益を狙っているなら、「損切り・利益確定することで効率化できるのでは?」と考える時間を設けましょう。そして、ポジションをきちんと見張る習慣を持ちましょう。

ii. 配当(+優待)を狙っている人の場合

配当益を狙っている人は損切りを重視すべき…という話しをしましたが、別に損切りに限った話ではありません。

でも、どうしても損切りをした方が良いタイミングもあります。それは、「配当が見込めなくなったとき」です。配当が得られないのであれば、その銘柄を保有する理由なんてありません。損が出ていようがさっさと乗り換えてしまう…というのも一策。…損切りしてしまうハメになるような銘柄を選ばない、というのが、一番なんですけどね。

 

3. まとめ:「優先すべき」なのは、どっち?

まとめ:「優先すべき」なのは、どっち?

利益 = 配当(+優待)+ 売却益

投資家のあなたは、この両方から利益を得たいもの。「儲ける方法」によっては、考え方をガラッと変えなければいけないこともありますから、ぜひこの機会に利益確定や損切りについて考えなおしてみて下さい。

ちなみに、あなたは「利益確定」と「損切り」のどちらを優先しますか?