STOP高になった銘柄は追いかけるべきなのか?

2分でできる、自信が持てないときの対処法

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
STOP高になった銘柄は追いかけるべきなのか?

「プロは順張り投資をする」と言われますが、本当にそうなのでしょうか?

ガンホーや日本通信。きらびやかな値動きをしている銘柄を見ると、

「まだまだ上がるかも!」

と期待が膨らみますよね。

実際、STOP高となった銘柄を見ると悔しい気持ちになるのが投資家の性。

「どうして今まで気付けなかったんだろう?」

と、チャンスを逃した気分になりますよね。

そして、気持ちが昂ぶると追いかけ買いをしてしまう。これでボロ儲けしたという方も沢山いらっしゃるでしょうが、こんな投資をしていて本当に大丈夫なのでしょうか?

もしかすると、「ボロ儲けした人達は運が良かっただけに過ぎない」のかもしれません。逆に、STOP高の追いかけ買いこそ順張りの真骨頂で、儲けやすいチャンスかもしれません。

いつも注目されているSTOP高銘柄ですが、今回はこれらを膨大なデータを用いて紐解いてみましょう。

 

目次

  1. STOP高銘柄は簡単にチェックできる。
  2. STOP高銘柄を追いかけ買いするとどうなるか?
  3. なぜ、損することが多いのか?
  4. まとめ:飛びつく前に再考を。

 

1. STOP高銘柄は簡単にチェックできる。

STOP高銘柄は簡単にチェックできる。

STOP高銘柄は「これ以上今日は株価が上がりません」という、制限価格上限いっぱいまで株価が上昇した銘柄のことを指します。

一般的には決算発表や上方修正、新製品の発表といった「買い材料」があった時にSTOP高になります。報道によって

「この株を買いたい!」

という方が殺到し、株券がプレミア付きのフィギュアのような扱いをされている現象ですね。

STOP高銘柄を見つける方法はいたってシンプル。YAHOOファイナンスでいつもピックアップされています。

 

2. STOP高銘柄を追いかけ買いするとどうなるか?

STOP高銘柄を追いかけ買いするとどうなるか?

では、仮にSTOP高になった銘柄を全て買えたとしたら、どうなるでしょうか?

上画像は、直近営業日にSTOP高となった銘柄を全て翌日に購入し、5営業日保有した場合にどうなるのかを検証した結果です。

単直に言えば、「損することの方が多い」という感じですね。STOP高となった銘柄は60%以上の確率で5営業日以内に下落し、1回あたり平均で1.5%損することが分かりました。

5330銘柄、15年分の膨大なデータを解析した結果、STOP高銘柄を購入すると高い確率で損をすることが分かりました。当たれば大きいようですが、外れる可能性が高い。宝くじのような投機ですね。

 

3. なぜ、損することが多いのか?

なぜ、損することが多いのか?

これはおそらく、「注目されすぎる」点が原因かと思われます。

STOP高となった銘柄は、先ほどご紹介したYAHOOファイナンスだけでなく、証券会社での「上昇率ランキング」やTwitterでの拡散など。かなり人目につくこととなります。

注目されるとどうなるか。おそらく、

「追いかけ買いしたい」

という人が殺到し、過剰な高値をつけることになってしまいます。このように、注目されている銘柄ほど株価が上昇するスピードも早く、追いかけ買いが済んだ時には既に手遅れになっているというワケです。

 

4. まとめ:飛びつく前に再考を。

まとめ:飛びつく前に再考を。

統計的に見てもSTOP高となった銘柄は飛びつくべきでないことがお分かりいただけたでしょうか?

もちろん、STOP高となった後に上昇しやすい銘柄を見つける方法もあります。しかし、文量が文量ですので、この話についてはまたの機会ということで。

ここまで読んで、それでもSTOP高銘柄を買いたいという人はいないでしょう。どうしても飛びつきたい方は、「これは当たりクジなのか?」と再考しないと危険です。