From: 中原良太
シアトルのホームステイ先より、、、

18歳だった当時は考えもしませんでしたが、
今、私はYAHOO!ファイナンスで「投資の達人」をしています。

投資を勉強すればするほど、
自分自身がスキルアップするのを実感しています。

この5年間、私はかなり充実した生活を送ることができましたし、成長もできました。

できることならば、この経験を皆さんと共有したいと心底思っています。

そこで、本記事では、私が投資の勉強をしてきた
この5年間で得たものを10個ピックアップしました。

この記事をお読み頂いた後、皆さんが投資に興味を持ってくれたら幸いです。

1. 真の意味での「安定」が理解できる

投資を始めるまでの18年間、私は
「大企業の管理職になることが世界で最高の選択肢である」
と信じて疑いませんでした。

しかし、投資を始めて、
この考えが誤りだったという事に気がつきました。

モノが過飽和状態となった今の時代、人々のニーズは多彩化しています。

従来はモノを作っていれば自動的に売れていたが、現代では通用しません。

選択肢が圧倒的に増えた今、
私たちは、欲しいものしか買わなくなってきているんです。

つまり、「平均的な人々のために、平均的な商品を作って売る」
という今までの成功原則がくつがえりました。

「分かる人だけが買う、変わった商品」を作るベンチャー企業が、
大企業のシェアをひたすら奪っていくのが現代の市場での大きな流れ。

大企業に就職するのが安定した時代はとっくに終わっています。

結局のところ、本当の意味で「安定」した生き方をするためには、
働く場所など全く関係がありません。

自分が上手く立ち回れるようになるしか無くなりました。

大きな組織に頼りたい。これからの私の人生で、
「そんな虚言は許されない」
のだと悟ったんです。

2. 視野が広まる

前述した通り、投資を始めてから私の人生観が大きく変わりました。

何故なら、私の視野がグッと広がったからです。

相場で生きていくために、私は広い分野を学んでいます。

論理学、統計学、心理学、法学、経済学、経営学、
会計学、歴史、マーケティング、戦略論、組織論…。

数えればキリがありません。

18歳の時の私は、数学と物理のことしか頭にありませんでした。

投資の勉強をしていなければ、
私はごく一般的な理系の頭でっかちでしょう。

5年間、コツコツと勉強してきたおかげで、
ごく普通の理系を卒業できました。

そして何より、広い分野をかいつまんで勉強してきたおかげで
様々な視点を持てるようになり、

様々な分野の人と話しが弾むようになったのは個人的にも大きな収穫です。

3. 独立した思考ができるようになる

投資では意思決定を全て一人で行わなければなりません。

これは高校を卒業したばかりのヲタクにとって、最も心の折れる所です。

必死にアルバイトをして稼いだ給料が、
自分が少し間違えただけでごっそり無くなってしまうんです。

加えて、誰も正しい投資の方法を詳しく教えてくれたりはしません。
誰が「金のなる木」の苗を私に分けてくれたりするでしょうか?

つまり、

私が投資で上手く立ち回るためには、
周囲の意見に背きながら自分の哲学を押し通す
「思考の独立性」が求められます。

誰でもない「私」の視点から
なるべく客観的にものごとを分析するしかありません。

その上、自分のマインドセットを改良し続けるのも重要です。

客観的に考えながら主観を保つ。
このバランス感覚はこの5年間でかなり改善されました。

4. ビジネスセンスに磨きがかかる

私は短期売買中心で財務的な知識は
あまり必要の無い立場にあるのですが、
それでもビジネスに関する勉強は続けています。

長期的に有望な企業を見つけるためには、
私自身がビジネスに長けていなければならないからです。

勿論、今の私はビジネスマンとしては駆け出しのペーペーなのですが、

それでも投資から得た教養のおかげで、
周りより何歩も先へ出ることができました。

時には営業、そして時には商品開発、
ウェブストアの運営やデータベース構築など様々な経験をし、
どのように企業を編成する「部隊」が機能するのかを学びました。

どんな企業でも、強みや弱みを持っています。

今までの経験や、幅広い学習がなければ
これらを俯瞰できなかったでしょう。

5. ハイレベルな人とのコネクションができる

収入に直結する話と言えば、これが一番と言えるでしょう。

投資に興味がある人は、
平均以上に長期的な視野を持った人が集まります。

また、投資を行っている人とはリテラシーの高い会話ができることが多いんです。

プロの投資家ともなれば取締役レベルの
ビジネススキルを蓄えている方ばかりです。

言い換えると、格段に自分の元に舞い込んでくるチャンスの量は増えました。

もっとも、私自身が面白く・賢くあり続けなければ
彼らは離れて行ってしまいますが…。

6. 想像力が豊かになる

私が投資を行う時に重要視していることは3つあります。

  • 需給関係
  • 因果関係
  • 過去の戦績

特に需給関係を考察するにあたって、
ニュースや新聞をよく読むようになりました。

花粉が例年よりも多く発生するという報道があった時の為に
「花粉症用の薬やマスクを販売している企業」のリストを作成したり、

オリンピックの開催が決定されたらインフラに関係する銘柄のリストを作成したり…。

将来のトレンドの方向を見極める為に想像力は必要不可欠です。
そして、その想像が現実になる前に準備をしておかなければなりません。

大多数が1つの方向を向く為には、
誰もが納得する理由やビジョンが必要です。

そして、投資の世界ではトレンドに乗るのが生き残るための鉄則です。

つまり、皆が同じ方向に動いている時に
自分もその流れに乗らなければならないんです。

この時、この大衆のトレンドに乗れるかどうかは
前持ってそのシナリオを想像し、
準備していたかどうかで決まります。

7. ロジカルシンキング能力が高まる

因果関係をきちんと把握する為には、論理力が最も重要です。

どんなに良い材料を持っていたところで、
正しく論理的に捉えることができなければ意味がありません。

利益になる情報を損に化かしてしまうことすらあるからです。

また、論理力はリスク管理においても有用です。

リスク管理とはその多くが場合分けによって行われる為、
あらゆる状況をMECE(過不足なく)に考える能力が欠かせません。

  • どうしてこの投資が上手くいくのか?
  • どんな場合に陥っても、自分は上手く立ち回れるのか?

こんなことを常日頃から考えているのだから、思考力が高まるのも当然でしょう。

8. 数字に強くなる

元々数字に強かった私だが、
投資を始めてから損得勘定が上手くなりました。
特に、効率性の計算です。

多くの方はご存知でしょうが、
投資は資産を持たない人にとってはあまりにも効率がよくありません。

何故なら、たとえ投資で優秀な成績を残したところでせいぜい年利30%程度だからです。

100万円しか資産の無い人にとって年利30%とは年収が30万円増えることを指します。

大きいようにも見えるが、時給換算してみればたまったものではありません

おそらく一年間を通して300時間以上は投資の為に費やしているはずです。

時給換算すると、時給1000円にも満たない。
アルバイトとして働いている程度の効率なんです。

しかもアルバイトとは異なり、時給は時にマイナスになったりもします。

しかし、それでも私は皆さんに投資をしてみることを強くお奨めします。

これには3つの理由があります。

  • 勉強すればするほど直接的にリターンが返ってくる
  • 資産が増えるほど効率性が増す
  • 一度投資で稼げるようになれば一生役に立つ

9. ウマい話など存在しないと分かる

投資を始めると、一方で怪しいオファーが増えてくるのが面白いところ。
私の選球眼が常に試される状況になるんです。

巷には「耳寄りな話」が大量にあります。
特に、ブックメーカー投資のノウハウなんかそうですよね。

私も「話のネタになる!」と思い、
情報商材に手を出したことがあります。

買ったのは、「こうやって私は月xxx万円を稼いだ」というものだったのですが…。
開いてみれば、「私と同じことをしろ」という文言のみ。
これには苦笑してしまいました笑

結局のところ何の努力もなしにお金を稼ぐだなんて到底無理な話なんです。
努力もしていない人の顧客になりたい人など、どこにいるでしょう?

10. 無知を知る

トレードはマイナスサムゲームです。

この業界で本当に儲かっているのは、
一部のハイレベルな投資家・投機家と証券会社だけでしょう。

彼らは何かしらの投資分野で卓越したノウハウを持っています。

投資というマネーゲームで勝ち続けるためには、
以下の4つの要件を満たさなければならなりません。

  • 最高の投資対象を見つけるための情報収集力・分析力を携える
  • 最高のタイミングを見極めるための、優れた状況判断能力を持つ
  • 自分が破滅しないためのリスク管理を徹底する
  • 上記の3つを満たした上で、投資活動を実行に移す

このたった4つを上手く実践するために、
我々はただひたすら教養を深め、分析を行っています。

そして、勉強すればするほど、
勉強しなければならないことが増えていきます。

投資の勉強に終わりなどありません。

まとめ:成功するまで挑戦し、学び続けよう

以上が、私が投資を始めてから得てきたものです。
そしてどれも、私が想像していた以上の収穫でした。

ここで特筆しておきたいのが
「投資をはじめたならば、成功するまで挑戦し、学び続けてほしい」
という私の願い
です。

数々の苦難を乗り越え、
私もやっといっぱしの投資家になれました。

これからも数多くの失敗・挫折を経験することとなるでしょうが、
そのどれもが素晴らしい教訓となると期待しています。