【損したら読みたい】機会を増やしながら精度を高める分析方法とは?

投資チャンスを増やすために使える指標を増やそう!

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
投資チャンスを増やすために使える指標を増やそう!

「買いたい銘柄が見つけられない方」や「なかなか勝率を上げられない方」にはもってこいの内容。

素晴らしい投資機会を見つけ出すためには待たなければいけない

何度もこういう発言をしてきましたが、実際、投資機会を待つのって退屈ですよね。かと言って、待たなければリスクも増大してしまうというジレンマがあります。投資家ならば一度は味わったことのある経験ではないでしょうか。

なかなか投資機会に恵まれないという方は、逆に言えば「時間がある」ということ。このような方には、私は新しい指標を勉強することをオススメしています。

新しい指標を使えるようになれば、投資の精度・回数を段違いに向上することができます。

ということで今回は、指標を使いこなす2つの方法をご紹介しましょう。

 

目次

  1. 使いこなし方その1:「精度を上げる」指標の使い方
  2. 使いこなし方その2:「機会を増やす」指標の使い方
  3. まとめ:使い過ぎには注意。

 

1. 使いこなし方その1:「精度を上げる」指標の使い方

使いこなし方その1:「精度を上げる」指標の使い方

新しい指標を学べば、投資の精度を向上することが可能です。具体的な例を挙げると、以下のようなもの。

  • 急落した銘柄への押し目買い+「出来高の加味」
  • 過剰な値動きをしている銘柄への逆張り+「相場全体の加味」

こういった具合。

新しい指標を投資ノウハウに組み込むことで、多角的な分析ができますから、投資精度も向上する傾向があります。

しかし、注意点が1つ。

指標を使い過ぎると「精度は上がるけど、どんどん取引機会が減っていってしまう」という問題が出てきます。

既に高精度な売買ノウハウをお持ちの方ならお分かりでしょう。新しい指標を使って銘柄をスクリーニングしようとすると、精度を1%上げるために売買機会を半減させてしまう…ということも、あり得ます。これでは意味がありません。最悪の場合、カーブ・フィッティングになってしまってせっかくの売買ノウハウをおじゃんにしてしまう…ということにもなりかねません。

そこで使えるのが、次にご紹介する「売買機会を増やす」ための指標の使い方。新しい指標を組み込みつつ、売買機会を増やすというノウハウがあるんです。

 

2. 使いこなし方その2:「機会を増やす」指標の使い方

使いこなし方その2:「機会を増やす」指標の使い方

以前の記事で、「売買代金」や「出来高」の規模感で、値動きの傾向が異なるというお話しを覚えていますか?

売買代金・出来高の大きな銘柄ほど値動きが緩やかで、小さなものの方が値動きが粗いという傾向があります。この性質って、売買機会を増やすためにはうってつけなんです。

例えば、あなたが「逆張り」投資をしているとしましょう。具体的な方法は、

  • 株価が3日間で半分になったら買う

ということにしましょう。(あくまで例です、実際には使えません…)

ここで「売買代金が大きいと、値動きが緩やかになる」 という言葉を思い出してみて下さい。3日間で株価が半分になる銘柄なんて、そうそうありませんよね。売買代金が大きいならば、なおさらです。殆どあり得ないでしょう。

お気づきでしょうか? 賢い方ならば、ここで「売買代金の大きな銘柄に限っては、株価の下落率がそこまで大きくなくても、買っても問題ないんじゃないか?」というアイデアが思い浮かぶでしょう

そうして、

  • 売買代金が10億円以上の銘柄は3日間で株価が30%下がったら買う
  • 売買代金が1億〜10億円の銘柄は3日家ん株価が40%下がったら買う
  • 売買代金が1億円以下の銘柄は3日間で株価が半分になったら買う

と、条件を甘くすることができます。こうすれば、条件にヒットする銘柄数は向上しますから、売買機会だってかなり増えるんです。

売買代金といった出来高系の指標だけでなく、日経平均株価のようなインデックス指標を使うことでも、売買機会を倍増させるのは可能です。ぜひ1度、使い方を研究してみて下さい。

 

3. まとめ:使いすぎには注意。

まとめ:使いすぎには注意。

「精度を上げる」ために指標を使う方は沢山いますが、「機会を増やせる」まで指標を使いこなしている方って、なかなか居ないんじゃないでしょうか。

さて、ここまで「新しい指標」を使えば良いことづくめだとお話ししてきましたが、使いすぎてもいけません。なぜなら、使いすぎると「で、結局このテクニックって何が大事だったんだっけ?」と、支離滅裂な内容になってしまうから。

きちんと指標の特性を理解している玄人ならば様々な指標を利用しても構いません。しかし、個人的な肌感では、投資初心者が1度に使って良い指標はせいぜい5〜7個まで(売買代金、外部指標を除く)。

ともあれ、本日ご紹介したテクニックは誰でも使えます。しかも「精度」を高めながら「投資機会」を増やせるという良いことづくし。ぜひ、実践してみて下さいね。

あわせて読みたい記事