【過去から未来を予想する】StockForecastを始めた経緯

【過去から未来を予想する】StockForecastを始めた経緯

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【過去から未来を予想する】StockForecastを始めた経緯

「今ある道具で最高の結果を出す」のがとてつもなく楽しい。

「投資 秘密」「投資 成功 方法」
Googleで、こんな検索ワードをかけたことはありますか?

正確な検索結果はよく分かりませんが、確実に分かるのは、「胡散臭い情報しか得られない」ということです。

この理由は3つ。

  • 本当にわかっている人なんて、世界に一人も居ないから。
  • 希少価値の高い情報は、誰もリークしないから。
  • この心理を使って儲けようとしているから。

実際、私も分かりません。

しかし「データに過去の成績を担保された投資テクニック」は50個以上持っています。これは、シロートが当てずっぽうで投資するよりも遥かに説得力があるでしょう。

 

目次

  1. 最年少のYAHOO!「投資の達人」。
  2. 「ビッグデータ」という言葉が流行りだした時期。
  3. 具体的な方法まで教えてくれる本なんて無い。
  4. 分かるものを駆使して「未知のものを予想する」楽しみ
  5. 投資に「正解」はない。
  6. まとめ:楽しく「投資の幅を広げ」てみませんか?

 

1. 最年少のYAHOO!「投資の達人」。

最年少のYAHOO!「投資の達人」。

YAHOO!に載ったのは、2013年9月のこと。

本記事を読んでいる方の殆どはご存知でしょうが、私はYAHOO!ファイナンスで銘柄予想やコラムの掲載などを行っています。掲載が決まった時、私は化学科の研究室に通う22歳の大学生でした。

既にお察しの方も多いでしょうが、ただの大学生に「投資の経験値」など殆どありません。YAHOO!に掲載されているプロフェッショナルの方々と比べれば、私の経験値などゼロに近いです。

こんな私が、何故、YAHOO!に登場できたのか。
それは、「データ解析」で力を発揮できたからなんです。

 

2. 「ビッグデータ」という言葉が流行りだした時期。

「ビッグデータ」という言葉が流行りだした時期。

データを味方につけることで、「経験値」にレバレッジをかける。

2010年を過ぎた頃から、個人投資家でも「株式市場を簡単に分析できるツール」が販売され始めました。

分析できるデータ量は尋常じゃありません。昔はエクセルなどにわざわざ入力したり、手計算で分析しなければなりませんでしたが、今は違います。

2014年現在では、4,000銘柄、20年近くもある日本株市場のデータを、10分程度の時間で全て解析できるようになりました。

理系で数字やパズルが大好きな私にとっては願ってもいない機会でした。

「暴落した時に買ってみるとどうなったかな?」

「STOP高の銘柄の直前のチャートの動きって、どうなってるんだろう?」

「順張りの投資テクニックも作ってみよう」

「押し目買いってどういう買い方をすれば成功するのかな?」

これらの疑問やアイデアに対して、パソコンが必死に計算してくれて、自動で答えを出してくれる。

「その投資方法だったら、勝率は50%です」

私がしなければいけないのは、「アイデアを出すこと」「ロジックを組むこと」くらいしかありませんでした。

気づけば、寝る時間・食べる時間も忘れてデータと向き合う生活になっていました。

 

3. 具体的な方法まで教えてくれる本なんて無い。

具体的な方法まで教えてくれる本なんて無い。

本に書いてあることをそのまま打ち込んでみたが、「勝率40%」みたいな結果ばかり。

株式市場を解析しているうちに、2つのコトが分かりました。

  • 投資本に書いてある知識を使っても対した利益は出せない
  • 本しか信用できるものを知らないから利益を出せる投資家が殆どいない

投資を始めたところで、上手く投資できない人が多いのにも頷けます。
実際、「上手く行った方法」を公開してくれる人なんて殆どいないワケですし。

しかし、私の場合は違いました。私の場合、学生ですからお金も殆ど持っていません。ですから、「こんな利益を残した投資テクニックがある」と知ったところで、使うあてなんてありませんでした

そこで「大量のデータを仲間にして、自分の投資に確固たる自信をもって頂く」ために、StockForecastという名の投資システムを一般に公開しました。

 

4. 分かるものを駆使して「未知のものを予想する」楽しみ

「今ある道具で最高の結果を出す」のがとてつもなく楽しい。数独と一緒だ。

「計算ばっかりやってて、何が楽しいの?」
「でも結局、何も分からないんでしょ?」
と、理解されないことも多々あります笑

私が楽しいと思っているのは「計算」ではなく、「今ある知識を使いこなし、最善の答えを見つけ出す」ことにあります。上に示した、TEDで空想科学に関するプレゼンと同じような感覚です。私にとって投資は複雑な数独パズルを解いているような気分なんです。

実際、計算そのものは面倒です。

しかし、「今ある情報を組み合わせたり、仮説に肉付けをしていく」ことで、誰も知らなかった真実が明らかになるのは、私にとって楽しくてたまらないのです。

そして、更に投資レベルを飛躍させるため、著名なトレーダーの書籍を購入し、セミナーに参加するのも楽しくて仕方がありません。

 

5. 投資に「正解」はない。

投資に「正解」はない。

人それぞれに、異なる答えがある。

投資に絶対的な解はありません。10人いれば10通りの投資法があります。

だからこそ、他の人の考え方を学ぶのが面白い。

「ああ、そんな視点もあるのか」
と、新しい考え方を取り入れることで、自分の投資の幅が広がります。

 

6. まとめ:楽しく「投資の幅を広げ」てみませんか?

まとめ:楽しく「投資の幅を広げ」てみませんか?

公開された投資テクニックは利用者からも大好評。

私が得意としている投資法はシステムトレード、言うなればデータ投資といったところでしょうか。既に多くの方が私のテクニックを利用・購入しています。

今なら、4週間売買シグナルを読める無料キャンペーンも実施中ですから、ぜひトライしてみてください。

「無料で始める→利益が出る→利益で更に良質な情報を手に入れる」

 

今すぐ無料講座を受講する

 

StockForecastを通じて、こんなポジティブなサイクルが生まれることを、心から祈っています。