お金に縛られずに生きる2つの方法

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

最近の心理学研究で
「お金の欠乏感が僕らを不幸にする!」
ということが、分かっておりまして。

「お金が足りない!」
「お金が少ないせいで何もできない!」

と考えるほど、僕らは不幸になるのだとか。

さらに言うと、「不幸な人はお金を貯められない」「貧乏な人は早死にする」などなど、お金の欠乏感が、貧乏やら早死につながるのでは?とも考えられます。

貧乏は万病の素ですから、できれば読者のあなたには、こういった悩みを抱えてほしくない。解決して頂けたらと思っています。

◆  ◆  ◆

ここで注意していただきたいのは、問題なのは「お金が無いという事実そのもの」よりも、「お金が無いと思い込む(解釈)」だという点です。

ほどほどに稼いでいる人であれば、お金の使い所さえ間違えなければ、豊かな生活ができます。(変な家や、車や、保険を買わなければ。)

それに、「昔と比べて現代人は自由時間が増えてる!」って話もあるので、ちゃんとやれば、平均的な人なら、誰でも「お金も時間も十分ある生活」を手に入れられるはずなんです。

それでも、

なぜか、
「時間が足りない!」
「お金が足りない!」
と考える人が減らないのが現実でして。

これは、ぼくらの心理的な問題(解釈の問題)だったり、事実としてお金が無い場合は、大きな買い物にまつわる判断ミスやら、資産を上手に活用できていないことが原因なんじゃないかなぁ?と思うんですよ。

そこで今回は「お金がない!」と悩んでいる人に向けて、「お金に縛られない」で生きていく、2つの極端な方法をご紹介します。

具体的には、「勝手にお金が増えるようにする」か「そもそもお金を必要なくする」という二択です。

詳しい話は、以下の記事で解説しています。ぜひ、お読みください…。

https://allabout.co.jp/gm/gc/477653/

– 中原良太

PS

ちなみに、お金に縛られない解決策の1つに、「不労所得を作る!」という方法があります。

ある経済学者の研究によると、「貧乏を脱出するのに確実な方法の1つは、不労所得を作ることだ!」なんてことが分かっておりまして。

手間をかけずに収入を得られる「仕組み」を作った人が、美味しい思いをできるってことなんですな。

ぼく自身、個人投資家の端くれとして、この仕組み作りに勤しんでおります。詳しい方法が気になる方は、今ならワンコインから始められるウェブセミナーをやっています。ぜひご参加下さい。

参加できる人数には限りがありますので、定員が埋まってしまう前に、お早めにご参加下さいね。

2018-11-21T18:13:25+00:002018年11月21日 |