いま注目している3つのイチオシ銘柄

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

こないだ、個人投資家の友人にあってきました。彼と会うのは久しぶりだったのでした。そこで言われたのが「中原くん、最近、イチオシ銘柄を紹介してないの?楽しみにしてたのに…」という言葉。

…たしかに。最近、ヤフーの予想記事ばかりで、イチオシ銘柄の紹介はサボっていた気がします。今日は久々に、いま注目している3つの割安銘柄の話でもしましょう。

(本当は注目している割安銘柄は4銘柄あるのですが、そのうち1つは雑誌取材で紹介する予定なので、これは秘密です笑)

ちなみに、来年あたりから、僕は割安株投資を再開しようと思っています。いちど株を買ってしまってからは、保有銘柄を紹介すると「株価操縦だ!」なんて疑われたらかないません。

だから、投資をはじめてからは、本当の意味でのイチオシ銘柄はお話しできなくなるかと。そういう事もありますので、前もって、いまのうちに割安銘柄を紹介しようかと。

日本株市場では未だに割安株投資の有効性が高くてですね。「成長株投資」やら「IPO」やら、いろんな投資テクニックが流行っていますが、本当に使えるのは割安株投資だけだと考えています。それ以外は、投資というよりは、「ギャンブル」ですね。

それと、最近のように相場が弱気に動いているときは、割安株投資をするには絶好のチャンスでして。なぜかというと、相場が下落すると、割安な株がどんどん増えるからなんですね。

逆に、相場がグイグイ上がっているときは、たしょう割高だったとしても、成長性の高い株を買った方が儲かりやすかったりします。それこそ、ジャスダックや、マザーズの銘柄とかが、それですね。なんで、市況が良いときには、無理して割安株投資にこだわる必要は無いかと。

◆  ◆  ◆

すこし話がそれましたが、そろそろ注目している割安株をご紹介しましょう。ぼくが注目している割安株は、以下の3銘柄です。

◯その1:東京精密(7729)
◯その2:FUJI(6134)
◯その3:日新電機(6641)

これらの銘柄は、これから数年かけて、じわじわと値上がりしてくれそうですね。ほどほどに分散投資して、注目したいところです。来年まで割安な状態が続いていたら、僕も、年明けあたりに買ってみようかな。

– 中原良太

2018-10-22T17:44:53+00:002018年10月22日 |