科学的に正しい新規公開株(IPO)の買い方

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ぼくは、新しいテクノロジーが大好きです。スマートフォンはできる限り最新式のものを使おうとしています。

我が家のパソコンは、最新式のiMac Proを使っています。(車並みの値段のする、高い買い物でした…。)

ぼくらは、「新しいもの」が大好きです。これ、心理学者さんたちの研究によると、ぼくらの本能らしいですよ。

ぼくらは、「不変のもの」よりも「変化するもの」に興味を持ちます。分かりやすい例を挙げましょう。

少し前のこと。「ビリギャル」という本がベストセラーになりました。これは、落ちこぼれだった女子高生が、必死に勉強して慶應義塾大学に合格する話です。

こういう、コントラストのある話に弱いんですよね。ぼくら人間って。

だってね。「成績優秀な高校生が東京大学に入りました!」なんて言われても、何も面白くないでしょう?

(そんなこと、よくあるし、当たり前だよな…)と思って、それで終わりなんです。ぼくらは生来、「変化」に目が向くようになっているんです。

これは、進化論的に考えると納得できて。原始人だったころは、日常の些細な変化を見逃すと、死につながった訳です。

たとえば、音の変化のおかげで、「草むらに肉食動物が隠れていることに気づく」とか。あるいは、気温の変化のおかげで、「冬の到来に気付いて、食料を確保できる」とか。

こんな感じで、「変化に気付く力」ってのは進化生物学で言えば、なくてはならない能力だった訳です。

こういう能力をもった人が生き残ってきて、その遺伝子が現代まで残りました。そりゃあ、変化に敏感になる訳ですわな。

◆  ◆  ◆

しかし、この本能は、株式投資においては、むしろ「有害」になることもありまして。こと、新規公開株(IPO)に投資するときは、厄介な存在になります。

何が起こるのかというと、「変化に敏感すぎるあまり、適正に株価を評価できなくなってしまう」んですな。

これは、経済学者らの間では、「オーバープライシング(Over Pricing)」なんてふうに呼ばれておりまして。この本能に支配されてしまうと、なかなか利益を出せないんですわな。

そこで大事なのが、「科学的に正しい投資法を知って、本能から抜け出す」ことでして。これができないと、一生、利益を出せないまま終わる訳です。

そこで今回は、「科学的に正しい新規公開株(IPO)の買い方」をまとめることにしました。この方法、あなたも知りたいですよね?

いつもながら、このノウハウも、あなたにプレゼントしましょう。その代わり、利益が出せたら、僕にも山分けして下さいね(笑)

https://allabout.co.jp/gm/gc/477159/

– 中原良太

PS

新規公開株に限らず、株主優待株を受け取る方法や、増配しやすい会社の見分け方。ベストな、取引タイミングまで。科学者たちは、利益につながる投資法を数多く研究してくれています。

今ならこういったノウハウを、ワンコインから始められるウェブセミナーで受け取ることができます。人数限定でのご案内ですから、お早めにお申し込みくださいね。

2018-10-19T20:36:03+00:002018年10月18日 |