日経5連騰!このまま7連騰まで一直線か?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

9月20日の日経平均は2円41銭高でした。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、値上がり業種は19業種となり、残り14業種が値下がりしました。

かろうじて、日経平均株価は5連騰となりました。新興株市場が弱気なのが気になるところですが、個人的には、「このまま金曜日、月曜日も上昇して、7連騰くらいするのではないか?」と考えています。

ぼくがこういう理由は2つあります。1つは、日経平均先物が18時時点で強気に推移しているという理由です。株式市場は先物が上昇すると、追随して動くケースが多いです。ですから、週末は先物主導で上昇する可能性が高いと考えました。

また、週明けの日本株市場は、前週の動きを継続しやすい傾向があります。これは、経済学者の間では「Twist-of-the-Monday Effect」と呼ばれています。この点も加味すると、仮に、金曜日時点で6連騰ということになれば、そのまま週明けも7連騰と継続すると考えました。

ただし、これまでの相場上昇を見て「大相場入り!」と判断できるかというと、そうは思っていません。仮にそうなるとしても、10月後半にはいってから、本格的に上昇相場入りするでしょう。…というのも、9月末は配当落ちで相場下落する可能性が高いうえ、10月は例年、相場が弱気に推移する傾向が強いからです。

よって、本格的な上昇相場入りは年末にくると考えています。今回の5連騰、6連騰、7連騰は、仮に強い動きが発生したとしても、短期的なものとして過ぎ去ると想いますね〜。

…ということで、これから週末・週明けにかけては、短期的な相場上昇に期待したいところです。ただし、長期的な上昇はまだまだ期待できないので、いつでも手仕舞いできるように、ちょっと引け腰くらいで臨むのがよいでしょうね。

相場が上昇しそうな今の状況では、これまでの下落幅が大きな、「不人気銘柄」に注目することで、今後の値上がりが期待できるでしょう。参考までに、直近1ヶ月で特に不人気な業種をご紹介します。

◯直近1ヶ月で不人気な3業種
・建設(前月比+0.85%)
・空運(同+1.80%)
・ゴム(同+3.34%)

以上の3業種は、これから上昇へ転じる余地もあるため、それぞれ注目してみてはいかがでしょうか。

以降は、日本相場の上昇に期待しています。よって、9月21日は強気で行きます。注意しながら、着実な利益を狙っていきたいところですね。引き締めて行きましょう!

これが今日の有望カブだ!

【キヤノン(7751)】
ここ半年ほど、軟調な値動きを続けています。一方、ここ最近は相場の上昇も激しくなってきたことから、出遅れ感のある同銘柄に注目が集まってもおかしくないか。反発の可能性に期待したいところ。

【みずほフィナンシャルグループ(8411)】
6月22日に株価が183.9円で底打ちして以降、堅調な推移が続いています。予想配当利回りは3.5%超とまだまだ割安感のある水準。PBRも1倍割れです。PBRが低い銘柄は株価が上昇しやすい傾向がありますから、今が買いどきだと思います。

【NTTドコモ(9437)】
着々と業績が拡大している上、配当利回りも3%超と高水準。高配当銘柄は、その他の銘柄とくらべて株価があがりやすい傾向があります。権利落ち直後あたりに、買い付けてみるのもアリかと。

※値動きが似た株は、それから約1カ月間、株価が上がりやすい傾向がありました。
(調査期間:2000年〜2017年)

これが今日の要注意カブだ!

【地域新聞社(2164)】
業績のポジティブサプライズがあったようで、直近は株価の上昇が目立ちます。一方、9月に入ってから、株価は3倍以上にまで上昇しました。株価の急騰は、その後の反落につながりやすい傾向があります。しばらく様子見しておくのが無難でしょう。

【プロレド・パートナーズ(7034)】
9月13日に決算を発表してから、急騰しています。14日にはストップ高となりました。一方、株価が急激に上がると、反落しやすい傾向があります。しばらく様子見しておくのが無難でしょう。

【エムティジェネックス(9820)】
新興株市場が弱気に推移する中、同社株は飛び抜けて株価が上昇しています。ここ3カ月で、株価は10倍以上まで上昇しました。すでに株価は急失速しています。短期間で急騰している銘柄は、その後反落しやすい傾向(リターン・リバーサル効果)があります。安易な追いかけ買いは禁物と考えます。

※値動きが似た株は、翌日に株価が下がりやすい傾向がありました。
(調査期間:2000年〜2017年)

ノーリスクで資産を増やす4ステップ

ほぼノーリスクで資産を運用する方法を見つけました。しかも、金銭リスクゼロで年収を増やす方法も見つけました。

やることは、単純です:

手順1:電気代を削る。通信費を削る。
手順2:浮いたお金を丸ごと株式ETFに充てる
手順3:配当金で良書を買い、セミナーへ行く
手順4:さらに貪欲に資産を増やす

これから、くわしくご説明しましょう:

手順1:電気代を削る。通信費を削る。

ぼくら日本人の90%は、なんの役にも立たない無駄遣いのせいで、何十万円、何百万円も損をしているのです。

ひとつ目の無駄遣いが、「電気代」です。電力自由化がはじまってから2年が経ちました。それにも関わらず、きちんと電力契約を切り替えた世帯が8割以上もあります。

ふたつ目の無駄遣いが、「通信費」です。さいきんは格安SIMを使えば、通信費はかなり節約できます。それにも関わらず、9割近くのヒトが、利用していません。

この2つを、カットすれば、死ぬまでの間に、何十万円。何百万円とカットできるのにね。100円や200円、食費を削るくらいなら、こっちに気を回すべきだと思うのは、ぼくだけでしょうか?

手順2:浮いたお金を丸ごと株式ETFに充てる

このメルマガをお読みのあなたなら、「節約こそ最強の資産運用だ!」ってことは、お分かりだと思います。

お金が浮いたら、そのお金を丸ごと株式ETFに充てます。もともと無駄遣いしていたお金なので、べつに投資に回しても平気ですよね?

株式のリスクプレミアムは4〜6%なんてふうにも言われています。このペースが続けば、36年後には、このETFの価値は4〜8倍に膨れ上がっているでしょう。

手順3:配当金で良書を買い、セミナーへ行く

先日もお話ししましたが、ぼくらの年収を決めるトップ3は「しごと」「べんきょう」「住んでいる場所」です。

この中でも、いちばんラクに始められて、かつ金銭リスクゼロなのは「べんきょう」だけですからね。

だから、資産運用で得たお金は、再投資するより、教育に回したほうが良いです。なぜなら、勉強したほうが収入が増えるし、資産運用も、上手くなるからです。

できれば、本を買いましょう。そして、時間とお金が許すなら、良質なセミナーに参加しましょう。

1000円〜2000円もあれば、アマゾンで良書を買うことができますので、買って読みましょう。(もし宜しければ、ぼくのウェブセミナーに参加してくださいな笑)

手順4:さらに貪欲に資産を増やす

さいごに。収入が増えたら、もっとお金をためましょう。そして、まなんだ知識を使って、さらに上手に資産を運用しましょう。

◆  ◆  ◆

大事なことなので、もう1度。

手順1:電気代を削る。通信費を削る。
手順2:浮いたお金を丸ごと株式ETFに充てる
手順3:配当金で良書を買い、セミナーへ行く
手順4:さらに貪欲に資産を増やす

これだけです。これで、ノーリスクで資産を運用できるし、収入を増やすこともできます。

カンタンだし、当たり前のことなのにね。「実践しているか?」と聞かれたら、ぜんぶやっている人は、1%も居ないんだろうけど。

けっきょく、頭の良し悪しだとか、そういったことはどうでもよくって。行動を起こせるかどうかが、大事ってことなんでしょうね。

– 中原良太

2018-09-20T18:19:42+00:002018年9月21日 |