戦争が起きると、景気はどうなる?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

すこし前の話ではありますが、「北朝鮮のミサイル問題」が取り沙汰されていました。ミサイルが発射されるたびに、ぼくらは「戦争に発展するのかも?」と、嫌な想像をしがちです。

ぼくは政治やら経済には疎いので、こういう話はニガテです。とはいえ、仮にそんなことが起きたとしたら、ウカウカしていられません。

いちおう断っておきますが、ぼくは戦争が大嫌いです。昔の写真などを見ると、悲しい気持ちになります。こんなむごいことを、繰り返してはいけないと思います。

それでも、ここでぼくが何を言いたいのかというと、「戦争が嫌だ!」と言って何も下調べすらしないでいるのと、嫌とは思いつつも保険をかけておくのは、違うよねってことです。

少なくとも、ぼくら投資家としては、「戦争が起きたら、相場は、どうなる?」のか、見積もりを立てておくのが大切だと思います。

世界大戦時、相場はどう動いたのか?

米国経済を例に取って考えましょう。

むかーしの相場の動きを見てみると、第一次世界大戦(1914-1918)や、第二次世界大戦(1939-1945)、ベトナム戦争(1955-1975)など、大きな戦争があった時期には、NYダウは伸び悩んでいます。

一方、冷戦、朝鮮戦争、湾岸戦争といった時期には、堅調に推移しています。

すくなくとも、これらの事例をみる限りは、「大きな戦争が起きると、相場は伸び悩む(=下がりやすい)」「小さな戦争は、影響が限定的」ってことですね。

分かりきったことと言えば、分かりきったことですが、事例を交えて考えるとイメージしやすいですね。

ちなみに、「アノマリー投資」の著者である、ジェフリー・A・ハーシュさんは、経済が停滞するニ大要因として、「金融危機」と「戦争」を挙げています。

スピリチュアルな人は、「戦争が起きると軍需産業が盛り上がるから、国は経済を盛り上げるために戦争をしたいのさ」なんて、根も葉もない話が好きです。

ですが、少なくとも経済全体の話として考えると、戦争は良い結果を生み出さないことは明らかなようですねー。

この際、理由なんてなんでも良いです。1つでも多く、世界から争いごとが無くなると良いですよね。

– 中原良太

2018-09-05T21:53:37+00:00