日経197円高でも油断は禁物です…

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

8月27日の日経平均は197円87銭高でした。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、値上がり業種は30業種となり、残り3業種が値下がりしました。

週明け、ひさびさに日本株市場は大きく上昇しました。とくに、マザーズ指数が前日比+3%近く上昇したのが印象的でした。米国株市場が上昇したことも追い風となってか、日本株も強気な推移が目立ちました。

これからの展望についてですが、個人的には、まだ楽観視することはできないと考えています。大きな理由としては、TOPIXやJASDAQ、マザーズが、まだまだ200日線を回復していないからです。

日本株市場は、200日線を割り込むと急に弱気になる傾向があります。よって、この水準を回復するまでは、まだ安心するには早いと思います。

また、火曜日は逆張りの傾向が強い1日です。ですから、短期的には、利益確定売りが強まってもおかしくないのではないかと考えています。

相場が上昇しづらいと考えられる、いまのような状況では、大きく上昇した株ほど、換金のために売られやすいと考えられます。よって、こういった銘柄には、注意しておく必要があるでしょう。

ちなみに、ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種は、以下の3業種です。

【ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種別株価指数】
◯ パルプ・紙(前月比+3.78%)
◯ サービス(同+1.76%)
◯ 保険(同+0.84%)

以上の3業種については、まだほとんど下落していません。これから、換金売りされやすいと考えられます。今のところは、あまり資金を投入せず、様子見しておくのが良いでしょう。…ということで、8月28日も、気を引き締めていきましょ~!

これが今日の有望カブだ!

【SUMCO(3436)】
8月8日に上期業績を発表。上期は大幅増益で着地しており、好調な様子です。短期的には株価が急落していますが、今回の急落は逆張りのチャンスではないでしょうか。反発に期待します。

【コマツ(6301)】
予想PER、PBRなどはそれほど割安感はありませんが、投資家に対する利益還元意欲が高いのが嬉しいポイントです。予想配当利回りは3%。これを目当てに、投資家人気が高まる可能性が期待できそうです。

【トヨタ自動車(7203)】
8月3日に1Q業績を発表。1Qは増益で着地しており、好調な様子です。一方、PERやPBRの面でも、市場平均と比べると割安な水準。割安株は株価が上がりやすい傾向がありますので、買い付けるには良い頃合いと考えます。

※値動きが似た株は、それから約1カ月間、株価が上がりやすい傾向がありました。
(調査期間:2000年〜2017年)

これが今日の要注意カブだ!

【エクストリーム(6033)】
8月3日、6日、7日、8日、9日、10日、13日、15日、16日、24日、27日にはストップ高となりました。しかし、予想PERが200倍超、PBRは15倍超と、割高感のある水準です。割高株は、のちのち下落する危険があります。株価が上がっているからといって、安易に追いかけるのは止めておくのが無難だと思います。

【日本テレホン(9425)】
ストップ高が5日連続で続き株価は一気に3倍近くに上昇しました。一方、連続ストップ高が止みました。PERは150倍超とすでに割高な水準。反落につながる恐れがあるので、安易な追いかけ買いは禁物と考えます。反落の可能性に注意しましょう。

【エムティジェネックス(9820)】
新興株市場が弱気に推移する中、同社株は飛び抜けて株価が上昇しています。ここ3カ月で、株価は10倍以上まで上昇しました。すでに株価は急失速しています。短期間で急騰している銘柄は、その後反落しやすい傾向(リターン・リバーサル効果)があります。安易な追いかけ買いは禁物と考えます。

※値動きが似た株は、翌日に株価が下がりやすい傾向がありました。
(調査期間:2000年〜2017年)

まぐれ

あなたの周りに、儲かっている投資家やら、トレーダーは居ますか?…もしそうなら、さぞ悔しい思いをしていることでしょう。

自分よりも儲けている人を見ると、悔しく、ヤキモチを焼き、イライラしますよね。その気持ち、分かります。ぼくも、そんなことはしょっちゅうあります。

ときどき、「欲望に任せて、彼らの運用法を真似てみようかしら?」という、悪魔のささやきに身を任せたくなります。

何よりムカつくのが、「自分より馬鹿そうなヤツが、自分よりも儲かっている」ときです。

「ぼくはこんなに勉強して儲からないのに、どうしてアイツだけ!」とか、「なんで、あんなチャランポランのくせに、ぼくよりも儲けているんだ!」とか。そんなことを思います。

情けない話ですが、ぼくにも、そんなことがよくあります。ぼく自身、ここ数カ月は苦戦しています。損をしてばかりだし、なかなか利益を出せません。

でも、、、

今日は、こんな悔しい思いをしている方のために、少しだけウサが晴れる話をしましょう。

儲かっている人の大半はまぐれです。

まず、1つ。儲かっている人の大半はまぐれです。

ジャンケンと同じです。ジャンケンをすれば、必ず勝つ人と、負ける人が出てきます。勝つ人と負ける人が居るのは当然の話です。

でも、1度ジャンケンに勝てたからと言って、次にも勝てるとは限らないでしょう?

競馬やカジノ、宝くじではこの理屈がわかるのに、株のこととなると急に分かりづらくなります。不思議ですよね。

むちゃなトレードで荒稼ぎしている人は、すぐに元に戻ります。どうせ、利益を吹き飛ばしてしまうからです。

本当に実力のあるひとなら、10年後も、20年後も笑い続けているはずです。だから、儲け話を自慢してくるような浅はかな人には、「どうせまぐれさ」と一笑に付しておけば、それでOKです。

生存者バイアス

もう1つ。騒いでいるのは、利益を出している人だけです。ふだんは静かな友人が、フェイスブックでは、ありえないほどキラキラしているのと同じです。

ヒトは「自慢したがり」の生き物なんです。だから、世の中には自慢ばかりが蔓延します。とうぜん、失敗したひとの声は聞こえません。

上昇相場ではウルサかった人でも、下落相場になったとたんに静かになる人も居ます。きっと、儲かっていないんでしょうね。(ぼくも、今月は儲かっていないので、人のことは言えませんが笑)

「死人に口なし」なんて諺があります。これは、言い得て妙の言葉です。当たり前ですが、騒いでいるのは、いつだって儲かっている人なんです。

損をしている人は声を出さないので、「自分だけが損している」と思ってしまうだけなんです。でも、それは違います。

みんな損してても黙っているだけなんです。だから、他人の成功を妬む必要はありません。それに、ソイツらは、運が尽きたところで、そのうち静かになりますよ笑

真似はしないで。

さいごに。儲けている人の大半はマグレなので、くれぐれも彼らの真似をしないでください。

それこそ、ビットコイン長者を真似るなんてことは、もってのほかですからね。浅はかな人を真似しても、無意味なだけでなく、有害ですよ。

– 中原良太

2018-08-27T18:36:23+00:00