日経平均155円高、上海株が急騰したいま、狙いどきなのは?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

8月7日の日経平均は155円42銭高でした。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、値上がり業種は27業種となり、残り6業種が値下がりしました。

米国株市場は上値が重い様子ですが、7日の日中に上海株市場が急伸。リスクオンムードが日本株市場にも伝染し、日本株市場も強気な推移が目立ちました。

日本の株式市場は「上がったら上がり続ける」「下がったら下がり続ける」という、モメンタム効果が強く見られます。ここ最近は、ジャスダックやマザーズの弱さが際立っていますが、新興株市場は、しばらく弱気な動きが続きそうです。

一方、海外勢が強いこともあり、外需株比率が多い日経平均株価は強いです。よって、これから先はしばらく、日経平均株価など外需株を中心に強気となる可能性が期待できそうです。

さて、目先の展望についてですが、上海市場が1日が2.74%も情報したわりに、日本株市場の上昇は、そんなに上昇している印象があります。「出遅れている」と解釈することもできるでしょう。

7日17時50分時点における日経平均先物は、引け時点よりも強気に推移しています。先物主導で買いが入る可能性も期待できるでしょうから、大型株を中心に強気に推移する可能性が期待できるでしょう。

相場が上昇しそうな今の状況では、これまでの下落幅が大きな、「不人気銘柄」に注目することで、今後の値上がりが期待できるでしょう。参考までに、直近1ヶ月で特に不人気な業種をご紹介します。

◯直近1ヶ月で不人気な3業種
・食料品(前月比-3.33%)
・水産・農林(同-2.81%)
・不動産(同-1.61%)

以上の3業種は、これから上昇へ転じる余地もあるため、それぞれ注目してみてはいかがでしょうか。

以降は、日本相場の上昇に期待しています。よって、8月8日は強気で行きます。注意しながら、着実な利益を狙っていきたいところですね。

これが今日の有望カブだ!

【三井住友フィナンシャルグループ(8316)】
これまでの株価下落により、予想配当利回りは3.5%超。PBR株は0.60倍と1倍割れ。低PBR株は株価が上がりやすい傾向があるので、今後の値上がりの可能性に期待です。

【みずほフィナンシャルグループ(8411)】
6月22日に株価が183.9円で底打ちして以降、堅調な推移が続いています。予想配当利回りは4%弱とまだまだ割安感のある水準。PBRも1倍割れです。PBRが低い銘柄は株価が上昇しやすい傾向がありますから、今が買いどきだと思います。

【日本電信電話(9432)】
8月7日に1Q業績を発表。1Q税引前は増益で着地しており、好調な様子です。予想配当利回りは3%超と高めの水準。まだまだ割安だと期待できます。続伸の可能性に期待です。

※値動きが似た株は、それから約1カ月間、株価が上がりやすい傾向がありました。
(調査期間:2000年〜2017年)

これが今日の要注意カブだ!

【パス(3840)】
6日にストップ高となったものの、7日に急反落。急落はしましたが、依然PBRが4倍超えと高めの水準です。急騰株や高PBR株は株価が上がりづらく、反落しやすい可能性が憂慮されます。追いかけ買いは控えておいた方がよいでしょう

【エクストリーム(6033)】
8月3日、6日。7日にはストップ高となりました。しかし、予想PERが90倍超、PBRは7倍超と、割高感のある水準です。割高株は、のちのち下落する危険があります。株価が上がっているからといって、安易に追いかけるのは止めておくのが無難だと思います。

※値動きが似た株は、翌日に株価が下がりやすい傾向がありました。
(調査期間:2000年〜2017年)

貯金ベタにありがちな2つの無駄づかいとは?

この年になると、色んなひとから「投資を教えて!」とせがまれます。

ぼくは彼らが思っているほど安い男ではありません。だから、ただで何かを教えることはありません。

それでも、「どうしても!」というヒトがいるので、たまーに相談を受けることがあります。もちろん、タダではありませんよ。(だいたいの場合、飲み代をごちそうしてもらっています)

プロとして知恵を提供しているのですから、これぐらいしてもらって当然です。さいきんは「タダで話を聞かせろ」なんていう不届きものが沢山いますが、こういう人はよくありません。

…というか、情報で金をケチると、「しょーもない情報」ばかりが寄ってくるので、結果的に、損であることが多いです。

もちろん「大金をかけろ」という訳ではありませんが、質の高い知識を得るには、それなりの対価が必要ですよ。

…すみません。話がそれてしまいましたね(笑)

えっと、なにの話でしたっけ。…あぁ、そうそう。「投資を教えてくれ」と、友人にせがまれたって話でしたね。

こういうたぐいの相談に乗っても、たいていの場合は空振りに終わります。

…というか、だいたいの方は、投資をはじめる以前に、「貯金」すらできていません。スタートラインにすら立てていないので、話が進まないのです。

ぼくの友人は、年齢的には30手前のヒトが多いです。30近くにもなって、「おいおい、それしか貯金してないのかよ…?」と、不安になることが、しばしばあります。

これは、思っている以上に大きな問題なんです。若いうちの貯蓄ほど、価値あるものはありませんかね。

そこで今回は、「ラクして貯金を増やす節約術」について、本気で考えてみました。

いろんな調査結果にもとづいて、幅広い方に使えそうな節約術を練ってきましたので、ぜひお役立てください!

貯金ベタにありがちな2つの無駄づかいとは?

– 中原良太

2018-08-07T18:13:19+00:002018年8月8日 |