From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ツブれてほしい会社があります。

マネー系の広告を見ていると、
「独自ルートで仕入れた情報」とか、
「独自理論によって選ばれた銘柄」とか、
「オリジナル手法を活かした投資法」とか、
そんな宣伝文句を見かけます。

そんな広告を見るたびに、
ぼくは、こんなことを考えます。

 

どうでも良い!

独自とかオリジナルとか、
「ぶっちゃけ、どうでも良い」と。

そんなことは、どうでも良くて、
「儲かるんですか?」
ってことのほうが、

よっぽど気になりますよね。

1銘柄や2銘柄の、
あたりはずれなんてのは、
これまたどうでも良くて、

「トータルでみて、どうなのさ?」と。
そんなことを考えてしまいます。

こんなことを、
詳しく調べてみると、

だいたいの投資助言ってのは、
実績もロクに開示しない会社が多い訳です。

あなたも、投資系のサイトを見ていたら、

いちどくらいは
「テンバガー候補株を教えます!」とか、
「独自ルートで仕入れた情報を提供!」とか、
みたいな、

胡散臭い広告を、
一度は見たことがありますよね?苦笑

契約したことのある方も居るでしょうし、

契約してみて
「騙された!」
って経験もあるでしょ?

「テンバガーなんて当たらんやん!」みたいな笑

そもそもテンバガーなんてものは、
年に1〜2銘柄しか、出てきません。

だから、テンバガーを引き当てるには、
「毎日、全銘柄を推奨する」とか、
コスい手を使わないと、実現できません。

…というか、本当に実現してたら、
「実現しました!」って、言いますよね。

よくあるのが、
「テンバガー候補株を教えます!」
って広告のクセして、

「これが弊社の実績です!」
みたいな欄を見ても、

「おいおい、テンバガー載ってないやん!」
みたいな。(笑)

その時点で、もうNGな訳です。

そういう会社には、
早くツブれてほしいですね。

 

…というか、、、

それを実際にできるなら、

助言なんてやってないで、
「自分で運用すれば良くない?」
って思っちゃいますよねー。

こんなこと、
考えてみれば当然なのですけどね。

それでも、
「もしかしたら、テンバガーを買えるかも…?」
なんて、

甘い期待をしてしまうのが、
僕ら人間の悲しいサガな訳で(´;ω;`)

金融系の世界って不思議なもんで、

ロクな実績の無い人に対して、
やり手のビジネスマンとかが、
教えを乞うこともよくあります。

それだけ、中身のない業者が、
沢山あるってことですし、

なぜか、投資家も、助言者のことを、
よく見ていないんです。

「投資助言業」なんて資格も、

「助言しても良いよ」
って認定されてるだけで、

「儲けさせてくれるよ」
って証拠じゃないのでね。

 

実践している人、エビデンスを持つ人

こっからが大事な話です。

「あなたを儲けさせてくれる人」ってのは、
まず、自分で稼いだことのある人です。

そして、そういう人は、
エビデンスたっぷりで話をします。

「独自」とか「オリジナル」とか、
あやふやな煽り文句ではなく、

きちんと、実績と根拠で語ります。

「誰の話を聞くか?」ってのは、
資産運用では、何よりも大事なので、

聞く相手を間違えないよう、
気をつけなきゃいけないと思うんです…。

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J