週明け、日本株は暴落?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

7月20日の日経平均は66円80銭安でした。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、値上がり業種は11業種となり、残り22業種が値下がりしました。

円高の進行が止まりません。1ドル113円台に乗ってきたかと思えば、こんどは急反落。日本株市場が全面的に為替に振り回されていますね。週末、為替は円高が急進行しました。1ドル111円台まで逆戻りしています。

日本株市場を取引している約7割は海外投資家です。だから、円安が進行すると、「円が安くなったから、日本株を安く買える!」ということで、大型株新興株問わず、どんどん買い付けてくれます。

一方、円高が進行すると、大型株だろうが、新興株だろうが、「円が高くなったから日本株を高く売れる!」ということで、利益確定されやすいと考えられます。

また、市況も芳しくない状況が続いています。TOPIXやジャスダック、マザーズは75日線や200日線を回復していません。

市場が中長期線を割り込んでいるときには、市場全体が弱気になりやすい傾向があります。だから、業績好調な銘柄ですら売り込まれたり、成長性の高い企業も売り込まれる傾向があります。

ですから、このような状況では、どんな株を買っても、利益につながりづらい傾向があります。長期保有のために買い付けるなら話は別ですが、数ヶ月〜1年ていどで利益を狙っている人からすれば、つまらない市場と言えるでしょう。

いまポジションを抱えている人は、利益確定の頃合いかもしれません。状況に応じて、手仕舞いすることも、考えると良いと思います。(ちなみに、僕は現在、ほぼノーポジションです)

これからの展望としては、目先は先物が弱く、円安進行も一服してきました。追い風が止みつつあるので、日本株市場は停滞すると考えられます。テクニカルでは「戻り売りされやすい」チャート形状ですから、基本は弱気姿勢で臨むのが良いと思います。

…ということで、円高が進行している点や、中長期でまだまだ下落トレンドが続いてる点を考えると、「大型株」は戻り売りされやすく、「新興株」は続落しやすい地合いと言えるでしょう。これだけ弱気な推移が目立っていますから、目先は下落の可能性に注意しておきたいですね~。

上昇が期待しづらい、今のような状況では、ここ1ヶ月で大きく上昇した株ほど、換金のために売られやすいと考えられます。よって、こういった銘柄には、注意しておく必要があるでしょう。

ちなみに、ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種は、以下の3業種です。

【ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種別株価指数】
◯ 石油・石炭(前月比+13.31%)
◯ 医薬品(同+6.00%)
◯ 情報・通信(同+5.25%)

以上の3業種については、まだほとんど下落していません。これから、換金売りされやすいと考えられます。

今のところは、あまり資金を投入せず、様子見しておくのが良いでしょう。7月23日は、弱気で臨みます。今まで以上に、リスク管理に気をかけておきたいですね。

これが今日の有望カブだ!

【SUMCO(3436)】
5月10日に業績を発表。今期の上期は増配する方針と発表しており、利益還元に意欲的な様子。今年に入ってからは株価下落が目立ちますが、6月に2101円で底打ち。そろそろ底が固まってきたと考えられます。反発の可能性が期待できるか。

【電通(4324)】
海外広告会社の業績が下振れたことを受け、同社の業績不振に対する警戒感が強まっているようです。一方、株価は3月末にいちど底打ちをしてから、4500円近辺で底が固い様子。今回の株価下落は、短期的に見れば逆張りのチャンスとも考えられます。反発の可能性に期待します。

【コマツ(6301)】
4月26日に決算を発表。前期は増収増益で着地しており、好調な様子です。今期も増収増益を見込んでおり、目先は明るいようですね。予想配当利回りは約3%で、好調な様子です。6月29日にはやっと反発。続伸に期待します。

※値動きが似た株を買った場合、約52%の確率で値上がりし、約1カ月(20営業日)で約0.6%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

これが今日の要注意カブだ!

【エムティジェネックス(9820)】
新興株市場が弱気に推移する中、同社株は飛び抜けて株価が上昇しています。ここ3カ月で、株価は50%も上昇しました。一方、相場と逆行高している銘柄は、短期的に見ると反落しやすい傾向があります。利益確定売りに押される可能性もありますので、動向には注意しておきましょう。

【レノバ(9519)】
直近の猛暑が太陽光発電に有利と考えられているのか、同社株が急騰しています。一方、猛暑関連株は夏になってから買っても反落しやすい傾向があり、今から飛びつくのはやや手遅れかもしれません。これまでの株価上昇が激しかっただけに、反落の可能性に注意しておきたいところです。

※値動きが似た株を買った場合、約65%の確率で値下がりし、1日で約1.6%の損失につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

為替市場の動きはランダム?

日本株市場が為替に振り回されていますね。なんというか、面白くない動きです。

ただ、正直なところ、ぼくは「為替市場の先行きは誰にも言い当てられない(=ランダムウォーク理論が成立する)」と考えているので、先行きのことを考えたって仕方がないと考えています。

何しろ、為替市場の9割以上はロボットによって取引されていますからね。しかもロボットたちは、大半の人間よりも賢く素早い優秀なヤツらでしょうから、それだけ為替市場は効率的ってことでしょう。僕ら人間があれこれ考えたところで、先行きは予想できないんじゃないでしょうか。

さて、そんな話はどうでも良いとして、何を言いたいのかというと、「先行きは予想できないんだから、為替がどう動いても良いように、上手く利益を出す方法を考える」ってのが大事なんじゃないかと考えています。

日本の株式市場を見渡すと、日経平均株価が強気、TOPIXが中立、ジャスダックやマザーズが弱気という動きをしているようです。

このとき、トレードで利益を出したい時は、「強い市場に飛び乗る」ってのがラクで効率的です。ですから、普通なら、日経平均採用銘柄を買うのが、利益につながりやすいかなぁと思います。

ただし、日経平均採用銘柄は外需株が多く、為替に動きが左右されやすいという弱点もあります。ですから、為替の動きに不安感を覚えている人からすれば、買いづらいですよね。

そこで、僕がいま注目しているのが、「TOPIX」に上場している、内需株です。ここいらに注目することで、そこそこ強気な市場の中から、買い時の銘柄を見つけられるのではないかと期待しています。

そこで、今は、業績が絶好調なTOPIX銘柄を狙って「押し目買い」で攻めるのが良いと考えます。ちなみに、私自身がよく使っている投資法は以下の3通りしかありません。それは、以下の3通りです。

【相場が上昇相場のとき…「順張り投資」】
年初来高値更新銘柄など、上昇傾向が強い銘柄の続伸を狙います。

【相場が下落相場のとき…「逆張り投資」】
暴落相場などで、中長期で下落した銘柄のリバウンドを狙います。

【相場がボックス相場のとき…「押し目買い投資」】
人気株の下落を狙って、小さなリバウンドを狙います。

上記のように相場の状況によって投資法を使い分けると、過去の統計上、利益を出しやすい傾向があります。この3つの投資法を使い分けることで、どんな相場でも利益を出せると期待できます。

このパターンを踏まえた上で、僕の投資スタンスはこんな感じです。

【TOPIX銘柄:押し目買い】
注目中の銘柄例:日本ユニシス<8056>
5月9日に決算を発表。今期は増益・増配となる見通しで、好調な様子。決算が好調なうえ、テクニカル面では2006年の高値を更新しており、上値が軽くなってきたと期待できます。直近は株価が下落していますが、反発が期待できるか。

以上が、いまの僕の投資スタンスです。

もちろん、100%の確信などはありませんので、「何が起きても対応できるよう準備しておく」のが、良いでしょうね。ということで、今週も気を引き締め直して、着実に利益を狙いましょう〜!

– 中原良太

2018-07-21T17:56:45+00:002018年7月23日 |