From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

真面目で勤勉なひと。

仕事の集中力が高く、
効率と計画を重んじるひと。

こんな人のことを、
心理学的には「誠実性が高い」と、
表現することもあるんですが、

資産家になりやすい人は、
「誠実性が高い」傾向があるみたいです。

ちなみに、誠実性の高さを調べるには、
「ビッグファイブ」という心理テストで、
調べることができます。

手軽に調べることのできる、
無料アプリもありますから、
気になる方は、やってみて下さい(*´ω`*)

iOS版
Android版

ちなみに、この心理テストでは、「誠実性」のことを、「勤勉性」と表現しています。

ちなみに、僕は「中の上」の
「努力家タイプ」という診断結果が出てきました。(*´ω`*)

少しくらいは、金持ちになる
特性があるってことなのでしょう(*´ω`*)ホッ

資産運用に関する情報を配信しているクセに、

逆に、、、

誠実性(勤勉性)の低い人は、無計画で感情的に動きがちみたいなので、人間というよりは、「チンパンジー」みたいな生き物ってことなんでしょう。

だから、お金が欲しいと思っている、勤勉性が低い人は、日頃の行いを悔い改めた方が良いでしょうね〜。

ちなみに、この心理テストは、遺伝子検査などにも使われている、信憑性が高いものです。

ですから、どんな結果が出てきても、現実から目を背けず、きちんと向き合うのが大切だと思いますよ(*´ω`*)

「誠実性」が低かったひとは、この心理テストを何度も解いてみて、嘘をついても良いので、高くなるまでチャレンジしてみて下さい。

そして、高い結果が得られたら、本当にそういう人間になれるよう、心の内面から正していきましょう。

かくいうぼくも、「中の上」でしたから、「上の上」に入れるように、日頃の習慣を悔い改めようと思います…。

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J