From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

あらあら。

もう、2018年も、
半分が終わってしまった!_(:3」∠)_

ひゃ〜。時間が経つのは早いですね。
「年利50%が目標です!」なんて、
お笑い草になってきてますね〜苦笑

いつもくちばかりな僕ですが、
今回も口だけになってしまうのかしら(悔)

…てなわけで、今回は
6月の成績を報告しますよ〜っ!

◆  ◆  ◆

さてと。

6月の成績は、こんな感じです。

インデックス投資(NISA分のみ):
2017年12月末:240万円
2018年5月末:231万円
2018年6月末:232万円(前月比+0.5%)

システムトレード:
2017年12月末:500万円
2018年5月末:538万円
2018年6月末:566万円(前月比+5.2%)

…と。こんな感じでした!

 

インデックス投資の振り返り

我が家では、300万円ほどの資金をインデックス投資に回しています。特に多く買い付けているのが、米国株のETFです。

ここ最近は米国株が軟調に推移しているので、正直、そんなに利益にならないと思っていたのですが、そうでもありませんでした。

それと、

「配当金さえちゃんと出してくれれば良いやw」

という感覚で買い付けているので、まぁ、これくらいの値動きは、どうでも良いですね(笑)

インデックス投資で目指しているのは、安定したインカムゲイン(配当金)なので、経済の実態が成長してればOKです。短期的な値動きは、気にしていません。

むしろ、下がってくれたら、その分、安く投資信託を買えるってことですから、もっと下がってくれないかなぁ。別に、1〜2年で利益が出なかったら死ぬって訳でもないですし。

相変わらず、iDeCoでも、夫婦で全力投球しているところです。まだ、運用を始めたばかりだから、むしろ、積立額が少ない今のうちに、早く下落してくれないかなぁ。

そこそこ積み立ててから10年後にドカンと下落されるより、さっさと下落してもらって、これから10年間、安くたくさん買える方が嬉しいですわ_(:3」∠)_

 

システムトレードの振り返り

6月中旬に入ってから新興株がジワジワと戻ってくれたので、先月末までの含み損が解消され、プラスになりました。

ほか、ストップ高銘柄も掴んていたので、おかげさまでプラス。20万円分くらいは、それで稼げました。ラッキー。

先月からは、手数料が格安の証券会社を使って運用しています。今月からは、さらに手数料を下げる試みにチャレンジ予定です。

始めてからしばらくは、発注ミスも出てきそうですが、5年、10年と、長い期間で見れば、10回や20回程度のミスくらい、安いものです。もっと安くできないのか、試行錯誤を繰り返していこうと思います。

例年、7月は相場が弱い傾向があるので、日本株は下落トレンド入りするかもしれませんねー。僕は別に、下落相場では利益を出せなくても良いと考えているので、インデックスに負けないようにだけ、気をつけたいと思います。_(:3」∠)_

◆  ◆  ◆

…ということで。6月も、5月に引き続いて、プラスでした(*´ω`*)

良かった、良かった。いつものことながら、この実運用の経過は、奥さんにも見せています。だから、この記事をまとめる直前には、運用成績が気になって、ソワソワするんですよねw

目標年利には届きませんが、まぁ、あれはただの数字であって、無理に目指そうとは思っていませんw むしろ、今年に入ってから、相場は下落しているのだから、差分を考えると、なかなか良い成績ですよ。

戻り売りでもやっていれば、もう少し成績が良かったんですがね(´;ω;`) まぁ、我が家では空売り自体が禁止されているので、ないものをねだっても仕方がありませんね。

相場が崩れても良いように、下落相場対策を考えておかないとなぁ〜。減らさないように、危険シグナルを見逃さないようにしなきゃね(*´ω`*)

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J