From: 中原良太
東京の居酒屋より、、、

いま、個人投資家の方と、
飲みに来ています。

きっかけは何か忘れましたが、
こんな話で盛り上がってました。

「中原さんって、憧れている人は居るの?」

けっこう面白いネタだったので、
このあたりの話をしましょう。

 

博学な個人プレイヤー

ぼくは、人とつるむのが苦手です。

できれば、自分ひとりで、
働きたいと思っているし、

チームプレイしようとすると、
それだけで疲れるし、面倒だと思っています。

だからこそ、大抵の仕事は、
「自分でできることは自分で済ませる」
「できるだけ他人を頼らない」
ことをモットーとしています。

だから、基本は個人プレーで、
色んな事にチャレンジしている、
スゴい人に惹かれています(笑)

たとえば、日本人であれば、
追っかけているのは、

メンタリストの、DaiGoさん。
元大阪府知事の、橋下徹さん。

この2人を追っかけまくっています(笑)

ふたりの本を読んだり、
Abema TVだとか、ニコニコ動画を見て、
彼らの声を聞いています。

知的好奇心を刺激される、
むっちゃ面白い人たちだと思います。

「知的エンターテイナー」
とでも言えば良いかなぁ。

こういう人に惹かれるし、
あこがれるんですよねー。

逆に、、、

知的好奇心を満たしてくれない相手のことは、
どうでも良いって感じますね(笑)

「あ、こいつ、バカだ」
「無計画で何も考えてないわ」
「典型的な失敗者みたいなやつだな」
と思った瞬間から、

付き合いたくなくなります。

自分の人生ってのは、
「身近な人の平均値になる」
ってのが、僕のモットーですから、

身近におきたい人がビミョーなときは、
変わりに、こういう尊敬できる人に、
擬似的に囲んでもらうようにしています(*´ω`*)

 

個人プレーできる

うーん。やはり、
好きになる人って、似通ってますねー。

「実践を伴うインテリ」が、
僕にとっての、ヒーローみたいです(笑)

それと同時に、
「個人プレーが上手」な、
プレイヤーな人が好きみたいですね〜。

あ、そうそう。

僕が、資産運用を始めたのも、
「個人プレーできる」というのが、
1つの大きな理由でして。

資産運用をマスターすれば、
働かないで、収入が得られます。

アクティブに運用したい場合も、
スマホ1つあれば、利益を出せます。

相場に振り回されることはありますが、
嫌な上司に振り回されることはないですし、

毎日、ばかばかしい満員電車に乗って、
息苦しい時間を毎日1時間過ごす必要もないと。

毎月、投資信託を積み立てるだけで、
ジワジワと勝手に含み益が増えるとか、

毎晩、5分〜10分ほど、
魅力的な銘柄に発注を出して、
取引をするだけ。

たったそれだけで、
利益を出せる仕組みを作る。

これが、むっちゃ魅力的だなぁって、
そう思ったんですよねー。

 

知的好奇心を満たす

で、空いた時間を使って、勉強しまくる。

これが、僕の考える、
理想的な人生なんですよねー。

大量に本を読む、セミナーを受講する、
データを集めていじくり回してみる。

知的好奇心を満たすための時間を、

毎日3時間ぐらい確保できたら、
それが、理想的な生活ですねー。

そんで、それを、
仕事や資産運用で実践する。

自分の生活が、超高速で、

改善していく感覚が、
死ぬほど楽しいんですよ。

逆に、、、

仕事に忙殺されて、
勉強できない。研究できない。

なんてことになったら、
死にたくなります(笑)

やっぱり人間ですから、
「考える」のが楽しいですよね。

結局、、、

「好きなことをやる時間を作る」方法として、
資産運用は最強だと思ったんですよね〜。

(人生設計の能力も、飛躍的に上がりますから、
やればやるほど、人生が楽しくなってます)

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J