日本株、もう損切りすべき?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

来月の2月初旬に、
京都へ行きます。

私塾に参加してくれている、
個人投資家の皆さんと、
懇親会を開きます。

これまでずっと、
インターネット越しに、
やりとりをしてきたのですが、

実際にお会いするのが、
初めてな方がたくさんいるので、
会えるのが楽しみです。

これから会場やら、
ホテルやらを予約するんですが、

こういう作業が慣れないもんで、
会場選びだけで悩んでしまって、
止まらなくなってきました。

飲み会の幹事とか、
イベントの企画とか、

僕にはこういうの、
向いてないんだよなぁ(汗)

さて。

そんな話はさておき。

1月9日の株式市場は、
大型株だけが強かったですね。

小型株だけを持っていた僕にとっては、
少しつまらない1日でした。

もっとお金が増えてくれたら、
とても嬉しいんですけどね…。

相場が小動きになってきて、
そろそろ反落しそうなので、

利益確定やら損切りのために、
いつでも株を売る準備をしています…。

【本日の損益】
1/8:921万0460円
1/9:920万2760円(▲7700円)

[割安株速報] 高IQ投資家が楽しみな割安株(1月10日版)

【ミネベアミツミ(6479)】
2018年は30%も値下がりしました。新年早々は値下がりした株ほど上がりやすい傾向があります。これからの動向に注目です。

【島津製作所(7701)】
2018年10月以降、3カ月で株価が4割近くも値下がりしました。これまでの値下がりのおかげで、割安感が高まってきたと期待できるでしょう。

【大塚商会(4768)】
2018年に3割も安くなりました。1年間で、大分割安感が出てきたと考えられます。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[割高株注意報]高IQ投資家が恐れる割高株(1月10日版)

【カワセコンピュータサプライ(7851)】
1月に入ってから、1週間も経たないうちに株価が60%も値上がりしました。これまでの値上がりペースが早いだけに、これからの反動に注意しましょう。

【オンコリスバイオファーマ(4588)】
ここ3カ月で株価が2倍以上に上がりました。これまでの値上がりペースが早いだけに、反動売りに晒される可能性があるでしょう。

【旅工房(6548)】
10月から株価が2倍以上に値上がりしました。短期間で大きく値上がりしているので、これからの反落に注意が必要でしょう。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] 高IQ投資家が気になる決算速報を解説(1月10日版)

いろんな投資ブログとか、
経済ニュースとか見てると、

「日本企業の業績は好調だから、
これから上がるに決まってる!」

なんて話をする人もいれば、

「米中摩擦が激化しそうだから、
これから下がるに決まってる!」

なんて話をする人がいます。

2つの極論が、
バチバチと戦っているので、

「どっちを信じればよいの?」

なんて、不安になる人が、
けっこう多いかと思います。

ちなみに、

僕個人としては、

「両方とも意見はごもっとも!」
と思っておりまして。

両方の意見を反映した結果、

「上がりも下がりもしない」

横ばいな1年になるのでは?
なんてふうに考えております。

極端な意見って、
目立つものが多いんですが、

現実って、別にそんなに、
極端に動くことはなくて、

「結局は無難なところに落ち着くんじゃない?」
って思うんですよね。

ちなみに、1月9日に発表された決算速報は、
ポジティブなものとネガティブなものが、
半分半分くらいでしたな。

「上がりも下がりもしない」ってのが、
現実的な線だと思うんだよな。

…ということで、
1月9日に気になった決算速報を、
2つほど共有してまいります!

◯アメイズ<6076>

19年11月期は最高益を更新する見通し。
絶好調です。

去年から1年かけて、
株価が半分まで下落しました。

これまでの株価下落のおかげで、
割安感が出てきているので、

そろそろひと波来そうですね…。

◯ミクロン精密<6159>

19年8月期の1Q業績は、
大幅増益で着地しました。

業績の進捗が好調なので、
上振れすることも期待できそうですね。

上方修正の可能性を嗅ぎ取って、
先んじて株を買う人が増えてきそうです。

まだまだ割安な水準なので、
これからの値上がりに期待ですな。

今日ご紹介した2銘柄は、
これから値上がりしてくれそうですね。

いやはや、楽しみですなぁ。

[注目株分析] 高IQ投資家がNISSAN株を分析(1月10日版)

カルロス・ゴーン氏が、
逮捕をされてからというもの、

何かと話題になっている
「日産」の株ですが、

去年はやたらと、
株価が下がったので、

「そろそろ割安かな?」
なんて相談もよく受けます。

そこで今回は、
「日産株はお買い得なのか?」
について、

僕なりの見解をお伝えしていきます。

まず第一に、
「日産って儲かってるの?」
って点が気になるところですが、

2019年3月期の、
予想ベースではありますが、
予想ROAは3%弱みたい。

「予想ROAが3%」
というのは、

日本企業の中では、
平均的な数字です。

だから、

「ぼちぼちな儲かり具合」
と言えば良いでしょうかね。

5段階評価でいうなら、
「星3つ:☆☆★★★」
って感じでしょうな。

一方、

「割安かどうか?」という点も、
人それぞれ判断が分かれるところでして。

今って、自動車株が、
軒並み売られているので、

どの自動車株も、
安く買えるんです。

だから、たしかに日産株は、
「割安だ」と言えばそうなんだけど、

もろもろの事件もあって、
不安要素も多いですから、

無理して日産の株を買わなくても、

ホンダとか、
他にも選択肢がある訳です。

昨日もソフトバンクの話をしたとき、
こんな結論になりましたが、

他の自動車株で、
安いところがあるんだから、

「日産の株を買うなら、
ほかの自動車株を買えば?」

と思うのが素直な感想です。

僕個人的に、
日産の株を買うことは、
ないでしょうな。

買うなら、ホンダかなぁ。
そっちの方がお金が増えるような、
気がするんですよ。

[日本株見通し] 高IQ投資家が全力で今後を予想(1月10日版)

年明け以降からは、
相場もグイグイ上がってましたが、

1月8日、9日には、
だんだんと失速してきました。

特に、

JASDAQ平均は、
ほとんど横ばいの動きで、
小型株は失速してきましたね。

だから、

「そろそろ反落するかも…?」
なんてふうに、

引け腰になりながら、
株を持ち続けています。

これからの見通しですが、

まだ反落してはいないので、
「どちらかと言えば上がりそう」
というスタンスは変わりません。

だから、

まだ株を持っていない人は、
「小型株を買ってお小遣いを稼ぐ!」
のが良い作戦かと思います。

一方、

すでに株を持っている人は、
大型株よりも小型株の方が、
儲けやすそうなので、

「大型株から小型株に乗り換える」
「小型株をガッチリ保有し続ける」
なんて作戦が有効でしょう。

僕自身、日本株に充てているお金は、
全て小型株に突っ込んでいます。

もう一段の上昇に期待して、
引き続き、動向を見守りましょう。

もっと利益が増えると、
嬉しいんですがねぇ。

– 中原良太

コメントする