日本株2連騰!まだ損切りは早いか?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

昨日から、
Youtubeでの生放送で、
BGMを流し始めました。

ラジオのDJのように、
音楽を流しながら話すのって、
なんだか格好良いですよね。

僕も見よう見まねで、

音楽を流しながら、
収録をしたのですが、

後から聞き返してみると、
いやはや、聞き苦しい。

なんといっても、
トークがつまらない。

非常につまらない!(悲)

いつも180人くらい、
人が集まってくれているのに、

「こんなヘタな話を、
よく聞きに来てくれるな!」

と、申し訳なくなってきました。

それもあり、最近は、
サンドイッチマンさんの、
ポッドキャストを聞きながら、

トークのコツを学べないかと、
通勤電車の中で勉強してます…。

さて、生放送では、
てんでダメな僕ですが、
株の方が運が良いのか好調です。

日本株の反発が止まりません。

12月に大きく下落した分、
1月に入ってから反動が凄いですね。

今の状態では、
まだ「半値戻し」すら、
していませんが、

どれ位戻るんでしょうか。

できれば、もう3%くらいは、
戻ってくれたら嬉しいところ。
これからが見ものですな。

【本日の損益】
1/7:915万7460円
1/8:921万0460円(+5万3000円)

[割安株速報] 高IQ投資家が楽しみな割安株(1月9日版)

【塩野義製薬(4507)】
10月29日に上方修正を発表しており、業績は好調なようです。12月に、株価が15%以上も値下がりしており、割安感が高まってきたと期待できます。

【いすゞ自動車(7202)】
2018年に株価が15%以上も値下がりしています。これまでの値下がりによって、割安感が高まってきました。これからの反発の可能性に期待します。

【バンダイナムコHD(7832)】
割安!という水準ではありますが、業績が好調で収益性が高いです。これからの続伸に期待です。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[割高株注意報] 高IQ投資家が恐れる割高株(1月9日版)

【ロジザード(4391)】
ここ3カ月で、株価は2倍以上に跳ね上がりました。これまでの値上がりペースが早いだけに、動きには注意しておいた方が良いでしょう。

【カワセコンピュータサプライ(7851)】
1月に入ってから、すでに株価は50%以上も値上がりしました。1週間弱で大きく値上がりしているので、これからの反動が怖いところです。

【オンコリスバイオファーマ(4588)】
ここ2カ月少しで株価は2倍に跳ね上がりました。短期間で大きく値上がりしてきただけに、反動が怖いところです。これからの動きに注意しましょう。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報] 高IQ投資家が気になる決算速報を解説(1月9日版)

1月7日に引き続いて、
1月8日は20社くらいが決算を発表しました。

僕は普段はあまり、
ニュースを見ませんでして。

というのも、

ニュースを見ても、
大半は翌日には忘れるんですよね。

しかも、

覚えているニュースも、
大して役に立たないという…。

見る意味をあまり感じないので、
基本は無視するようにしています。

とはいえ、

だからといって、

厳格な教育番組を見たり、
本を読んだりしている訳でもなく、

バラエティ番組を見て、
ゲラゲラと笑っているわけですが笑

そんなこんなで、
1月8日で気になった決算を、
2つご紹介します。

◯サムティ<3244>

19月11月期の業績が、
最高益を更新する見通し。

18年11月期も増収増益で、
絶好調な決算でした。

もともと割安だったので、
気になっていたのですが、

今回の上方修正によって、
さらに収益性が高まったので、
これからグイグイ株価が上がりそうですね。

◯ネクステージ<3186>

こちらも19年11月期に、
最高益を更新する見通し。

18年11月期も増収増益を達成していて、
ものすごい勢いで業績を延ばしています。

とはいえ、

今の株価を見る限り、
それほど割安ではないので、

20%〜30%くらい株価が下がって、
株価が750円くらいまで落ちてきたら、
押し目を拾いたいところですな。

チャンスが来ないか、
今から楽しみにしています。

1月8日は好調な決算発表が多くて、
見ていてワクワクしましたなぁ。

僕の投資先の会社も、
こういう決算を出してくれると、
嬉しいんですが…(遠い目)

[注目株分析] 高IQ投資家がソフトバンク株を分析(1月9日版)

12月末に新規上場した、
ソフトバンク。

なにかと取り沙汰されてて、

なぜか分かりませんが、
「ソフトバンク買いました!」
なんて報告をしてくれる方も居ます。

ファーウェイ問題だとか、
大規模通信障害とか、
初値割れとか。

色々と話がありますが、

実際のところ、
ソフトバンク株は、
「お買い得」なのでしょうか?

そこで今回は、
ソフトバンク株について、
僕なりの見解を解説して参ります。

まず第一に、
「ソフトバンクって儲かってるの?」
って点が気になるところですが、

2019年3月期の、
予想ベースではありますが、
予想ROAは8%強あるみたい。

そこそこ儲かってるようですね。

赤字企業みたいに、
超危険な株ということでは、
ないでしょうな。

とはいえ、

「割安か?」と聞かれると、
それはまた別問題でして。

他の携帯キャリアさんの方が、
似たような成長度合いの割に、
PERなどの指標は低いんです。

そう考えると、

「ソフトバンクの株を買うなら、
ほかのキャリアの株を買えば?」

と思うのが素直な感想でして。

僕個人的に、
同社の株を買うことは、
ないでしょうな。

買うなら、KDDIかなぁ。
そっちの方がお金が増えるような、
気がするんですよなぁ。

[日本株見通し] 高IQ投資家が全力で今後を予想(1月9日版)

株価が上がってくれたので、
1月8日はホクホク上機嫌でした。

とはいえ、

昨年10月以降の、
相場下落の度合いからすると、

まだまだ反発してくれないと、
含み損を解消しきれません。

これから、どうなるんでしょうか?

1月9日の展望ですが、

「まだまだ小型株は上がる!」
という見立てでおります。

だから、まだ保有している小型株は、
何1つとして売っておりません。

「小型株は」という表現に、
違和感を覚えた方もいるかもしれませんが、

個人的には、「大型株」は、
そろそろ反発が終わったと踏んでいます。

例年、1月は大型株にとっては、
向かい風の地合いになりやすいのと、

TOPIXの上昇が、
すでに収まってきていて、
1月7日には失速してきていました。

だから、大型株を持っている人は、
「そろそろ売り時ではないか」
なんて考えています。

一方、

1月は小型株に追い風の地合いでして、
まだまだ小型株は上がると踏んでいます。

JASDAQ平均などを見ても、
寄り付き時点では弱気でしたが、
日中にかけて強さを取り戻したので、

「もうちょい上がりそう…!」

なんて期待しております。

現時点で株を持っていない方は、
「これから小型株を買う!」
なんて作戦も有効でしょう。

現時点で株を持っている方は、
「大型株は損切りする!」
「小型株に乗り換えて持ち続ける!」
なんて作戦が有効かと。

当たる当たらないは五分五分ですが、
僕自身は、小型株を全力で、
ホールドする予定です…。

– 中原良太

1 件のコメント

  1. 玉舘康明 5:12 PM で 2019年1月9日 - 返信

    ソフトバンクを買おうとおもってたところにナイスなコメントありがとうございます。

コメントする