From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

僕らトレーダーにとって、

「思い込み」ほど、
恐ろしいものはないと思います。

たとえば、、、

「割安だ」という思い込み、
「成長する」という思い込み、
「買いどきだ」という思い込み、
「売りどきだ」という思い込み…。

思い込み、思い込み、思い込み。

あなたにとっては意外かもしれませんが、
思い込みでトレードをしている方が、
けっこう多いんですよ。

 

なぜ、思い込みが危険なのか?

こんな話をすると、
「思い込みの何が悪いの?」とか、
「別に、稼げれば、それで良くない?」とか、
そういった声が聞こえてきそうです。

たしかに、利益を出せれば、
それに越したことではないのですが。

それでもなぜ、
思い込みが危険なのか?

それは、、、
「成功する」ことを
前提としてしまうという点が、

主たる理由だと思います。

「割安だ」「成長する」
「買いどきだ」「売りどきだ」

これらは、全てにおいて、
「断定的な表現」であることに、
気づいていたでしょうか?

人間というものは、
「これで間違いない」
と考え出すと、

失敗したときの対策を、
怠りがちな生き物でしょう?

ですから、

「割安だ」「成長する」
「買いどきだ」「売りどきだ」

のように、断定的に考えると、

そうでなかった場合の対策が、
漏れてしまうと思うのです。

それこそ、株を買ったあと、
「割安ではなかった」「成長しなかった」
「買いどきでなかった」「売りどきでなかった」
のであれば、

どのように対処をするのでしょうか…?

もし、ここで、
明確に答えられない人は、

「思い込み」でトレードしている
そんな可能性が高いでしょう。

なにより、「自分は失敗しない」と、
思い込んでいる訳ですから…(汗)

一方、、、

少なくとも僕の周りでは、

優れたトレーダーの方ほど、
「失敗する可能性」に、
常に気を払っています。

とうぜん、

失敗すると分かることには、
手を出さないので、

そういった、
低レベルな話をしたいのではなく、

「成功できると思ったけど、
それでも失敗した場合」のことまで、

きちんと考えておくってことですね。

それこそ、僕らシステムトレーダーなら、
失敗したとき用の手仕舞いまで、
必ず考えておくものです。

僕はトレード以外では、
投資信託を積み立てていますが、

投資信託についても、
失敗することまで想定して、
資金配分に気を遣っています。

些細な違いですし、
なかなか表には見えない部分ですが、

このように、
「失敗を前提に計画を立てる」
能力があるかないかで、

投資家・トレーダーのレベルって、
全然ちがう気がするんですよね〜。

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J