From:中原良太
横浜の自宅より、、、

「周囲の人からそれなりの評判を得るには20年かかる。だが、その評判はたった5分で崩れることがある。そのことを頭に入れておけば今後の生き方が変わるはずだ。」(ウォーレン・バフェット)

最近、この言葉の重みを実感する出来事と遭遇しています。なるほど、こういうことか…。僕も、気をつけないとなぁ…。

◆  ◆  ◆

6日の日経平均は86円19銭高でした。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、21業種が値上がりしました。一方、残りの12業種が値下がりしました。

マザーズ指数の下落が止まりませんね〜。マザーズ中心に買い付けている僕にとっては、あまりおもしろくない展開です。どんどん含み損が膨らんでいるので、なかなか辛いですね(泣)

円安が進行していることから、日経平均銘柄など、大型株を中心に資金が流入しているようです。一方、JASDAQやマザーズといった新興株市場の下落が止まりません。

新興株市場は下落が始まるとズルズルと下落が続きやすい傾向があります。ですから、今回の下落が一時的なものなら良いのですが、このまま下落トレンド入りということになった場合は、やっかいな展開となりそうですね。(早く反発して欲しい…汗)

これからの展望としては、目先は新興株は弱気に推移を続けていますので、引き続き続落に警戒しておきたいところ。一方、大型株市場の見通しは、短期的に明るくなりそうです。円安が進行しているうえ、先物も上昇しています。

短期的な相場上昇が期待できるような今の状況では、これまでの下落幅が大きな、「不人気銘柄」に注目することで、今後の値上がりが期待できるでしょう。参考までに、直近1ヶ月で特に不人気な業種をご紹介します。

◯直近1ヶ月で不人気な3業種
・鉱業(前月比-11.48%)
・海運(同-6.73%)
・証券、商先(同-4.79%)

以上の3業種は、これから上昇へ転じる余地もあるため、それぞれ注目してみてはいかがでしょうか。

6月6日19時22分現在でCMEは対日経平均比+74円とそこそこ強気です。これは、日本株市場にとっては好材料と捉えられるでしょう。以降は、日本相場の上昇に期待しています。よって、6月7日のスタンスは【大幅高になる】と強気で行きます。

注意しながら、着実な利益を狙っていきたいところですね。

・・・
・・・
・・・

これから、いま注目している株を紹介します。
早速、以下をご覧くださいませ…。

 

いまが買いどき!? これが今日の有望カブだ!

==============
これから1週間の注目銘柄
==============

【買い】(4503)  アステラス製薬
【買い】(6758)  ソニー
【買い】(8001)  伊藤忠商事

※値動きが似た株を買った場合、約52%の確率で値上がりし、約1カ月(20営業日)で約0.6%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

 

いま買うのは止めとけ!? これが今日の要注意カブだ!

==============
きょう1日の要注意カブ
==============

【売り】(5940)  不二サッシ
【売り】(2144)  やまねメディカル
【売り】(9424)  日本通信

※値動きが似た株を買った場合、約65%の確率で値下がりし、1日で約1.6%の損失につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、急落となるおそれがあります。あなたが既にこの株をお持ちの場合は、良い手仕舞いどきかもしれません!

※シグナルは空売りできない銘柄も含まれます。



どれも統計的に見て、有効なシグナルです!^^@ ぜひ、これからのトレードのご一助のなれば幸いです。m(_ _)m では、今日も1日、引き締めて行きましょう!

 

PS

着実に利益を出すために大切な考え方を全て、この本にまとめました。利益を出したいトレーダーの方に、オススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J