From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ここ2カ月くらい、
ほとんど利益を出せていません。

「トレードが無くて利益が出ない」
のであれば、それはそれで我慢できるのですが、

「フルポジションで、利益が出ない」
という状態なので、よろしくないです。

リスクを取るからには、
相応の成果ができなくてはいけません。

特に、4〜5月の、
日経平均の上昇を取り逃したのは、
大きな失敗でした。

相場下落時に負けることは、
仕方が無いと諦められますが、

相場上昇時に勝てなくては、
株をやっている意味がありませんからね。

 

押し目買い戦略を強化!

なかなか成績がふるわないので、
売買ルールを作り直しました。

改良したのは、押し目買い戦略です。

「強力な上昇相場以外」で、
頻繁に取引できて、なおかつ、
着実な利益が期待できる…。

そんな運用術を目指して、
3つの押し目買い戦略を作成しました。

1つは、「深い指値」のもの。
約定率は20%〜30%くらいです。

もう1つは、「浅い指値」
約定率50〜60%くらい。

最後は、「成り行き」
ほぼすべてが、約定します。

このように、相場の強さに応じて、
別々に機能するように、
ルールを作成しました。

相場が強い時は、
「成り行き」→「浅い指値」→「深い指値」
の順で、利益を出しやすく、

逆に、相場が弱い時は、
「深い指値」→「浅い指値」→「成り行き」
の順で、利益を出しやすくなります。

似たような戦略ではありますが、
それぞれ組み合わせることで、
成績が安定するんですよね。

指値を使った戦略は、
正直、あまり好きではないのですが、

それでも、下落相場で強力なので、
しばらく、この状態で使ってみようと思います。

 

悲しい・・・

ちなみに、今回の改良は、
「手を加えた」というよりは、
「昔のものに戻した」という感じです。

3月〜4月に、色々と
押し目買い戦略に手を加えていたのですが、

昨年末に作ったものが、
いちばん成績が良かったんですよね。

だから、泣く泣く、
昔のものに戻しました。

気持ち的には、頑張って手を加えたので、
「頑張って作った方を使いたい!」
という気持ちもあったのですが、

システムトレードでは、
頑張って作った売買ルールほど、
過剰最適化しがちで危険なので、

泥沼にハマりやすいんですよね。

だからこそ、、、

使いたい気持ちをグッとこらえて、
元のバージョンに戻しました。

悲しい・・・。。。けど。

やはり、実運用で利益を出せなければ、
運用していても、意味がありませんからね。

利益を出せないルールには、
休んでいてもらいます。

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J