【シストレ終焉】私が恐れている「緊急事態」とは?

【シストレ終焉】私が恐れている「緊急事態」とは?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【シストレ終焉】私が恐れている「緊急事態」とは?

平均年利65%、私がメインに利用している投資システムが残した成績です。

「そんな売買ノウハウを持っているんだから、中原さんは一生安泰ですね!」
こんなことを言ってくれた投資家が身近にいますが、そんなに甘いものではありません。

正直、私は毎日ビクビクしながら投資をしています。
「こんなことが起こったら、ヤバいなぁ…」
と、心配事ばかりしているんです。

 

目次

  1. 緊急事態:取引時間が延長されたらどうしよう?
  2. 緊急事態:過去には無かった大イベントが起きたら?
  3. まとめ:「絶対大丈夫」なんてあり得ない

 

1. 緊急事態:取引時間が延長されたらどうしよう?

緊急事態:取引時間が延長されたらどうしよう?

正直、「心配事」は絶えない。よく話題があがるのが、取引時間の延長
日経225先物では取引時間が伸びたことがたびたびありますから、株式においても同じことが行われてもおかしくないと考えています。

今のところ、アマの投資家は夜間に注文することが多いですから、寄付に過剰な価格をつけることが多いんですよね。だからこそ、寄指注文が有効に機能しやすい

しかし、取引時間が伸びるとそうはいかない。
アマチュアが取引時間中に参戦できるようになると、寄付に過剰な価格をつけづらくなると予想できます。

そうなると、押し目買いや逆張りの投資を行っている人にとっては緊急事態になりうるでしょう。

せっかく作った投資戦略が使えなくなってしまうのが、怖くてたまりません。

 

2. 緊急事態:過去には無かった大イベントが起きたら?

緊急事態:過去には無かった大イベントが起きたら?
私が得意とするのは、膨大な株価データを分析することで
「短期的に値上がり/値下がりする」
銘柄を探しだすこと。

しかし、このテクニックが使えるのは、「昔も今も、似たような状況にある」のが前提なんです。

ですから、今までの歴史になかった大イベントが起きると危険。

例えば、

  • 去年の米デフォルト騒ぎ
  • 去年のオリンピック相場

など、「今までに起こらなかった緊急事態」に対処するのがニガテなんです。

最近では、TOPIX100銘柄の呼値が0.1円や0.5円刻みになったのがおっそろしかったですね。
私はスキャルピングをしていないため、影響は小さくて済みましたが、

1 Tickを抜いて利益を稼ぐことに注力しているスキャルピングトレーダーにとっては投資家生命の危機ですよね。
このイベントのせいで、命綱を断たれたトレーダーも少なくないんじゃないでしょうか。

また、最近はシステムトレードが個人投資家に浸透してきましたが、大口の投資家がバシバシ入ってくると、これも大変。マーケットインパクトのせいで皆で稼げる資金の利ざやが急激に減るため、似たようなシステムを使っている人は勝つのが難しくなってしまいます。

他にも。
今後は日本の人口はどんどん減っていってしまう。経済が低迷するのを回避すべき、法改正により日本に「沢山の移民」が入ってくるようになるかもしれません。

それも私にとっては一大事。
私が利用している投資ノウハウは、「日本人が主に売買を行うマーケット」だから上手く利用できているのかもしれません。(生憎、外国市場でのバックテスト結果は持っていないのです…)

そんな中で、外国人比率が高まり、個人投資家の大半が外国人となったら…
どうなるかは皆さんも分かりますよね。

 

3. まとめ:「絶対大丈夫」なんてあり得ない
まとめ:「絶対大丈夫」なんてあり得ない

「こうなれば、絶対大丈夫」
こんなことを考えたことは、正直ありません苦笑。

投資が上手くいっている時や、素晴らしいノウハウを手に入れた時、人は舞い上がりがち。

しかし、私たちに「安全」なんてありません。
ちょっとした拍子に市場のルールが変わってしまえば壊れてしまう、そんな不安定なところに居るのです。

「その時、私はどうしようか?」
こんなことを考えながら鍛錬を続けている、今日この頃です。

あなたにとっての緊急事態って、何でしょうか?