From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ちょくちょく、
システムトレーダーの方から、
こんなお問い合わせを頂きます。

「システムトレードの達人やシストレ魂で得た検証結果を、イザナミに移植しようとすると上手く行きません。どうすれば良いでしょうか…?」

。。。とまぁ、こんなお問い合わせです。

これ、むっちゃ分かるんです…。
すごく厄介ですよね。

ぼく自身、この厄介な出来事のせいで、
100時間以上は無駄にした気がします。

売買ルールを作るたびに、
ここで必ず1回は躓くんですよ。(汗)

…ということで、今回は、
「検証結果が大きく変わってしまう」
この問題について、

僕なりの対処法をお答えしていきます!

 

検証結果がちがう原因

そもそも、

どうして、検証ソフトによって、
全く検証結果が違うのかというと、

これは、検証に使っている、
株価データが違うからですね。

具体的には、

システムトレードの達人と、
シストレ魂では、

「データゲット」というところの、
株価データを使っているのに対して、

イザナミでは、「QUICK」の
データを使っているようです。

データ提供元が違うので、
分割調整の扱いだとか、

そういった部分で、
誤差が生まれているみたいですね。

ちなみに、、、

シストレ魂やシステムトレードの達人では、
「分割調整前」の株価で検証を行います。

一方、イザナミでは、
「分割調整後」の株価で検証を行います。

(間違っていたら、すみません(汗))

この影響が積もり積もって、
「ぜんぜん検証結果が違う!」
つてことに、つながるみたいですねー。

 

どうやって検証結果を揃えるか?

じゃあ、どうすれば、
検証結果が揃うのかというと、

システムトレードの達人

イザナミ

とか、

シストレ魂

イザナミ

の場合は、そこそこ簡単に検証結果を揃えられます。もちろん、完全に揃うことはなく、「擬似的に」揃うという程度ですが。

どうやるのかというと、「最低購入価格が10万円以上」という条件式を追加します。これを追加すると、大体の場合はうまく行きますね。(あくまでぼくの経験則ですがw)

なぜ、上手くいくのかというと、これはおそらく、「最低購入価格」の条件式が、あまり分割調整によって影響を受けないからかなぁと思っています。

それこそ、株式分割されても、最低購入価格が変わらないこととかも、ありますからね。こういった経緯もあるからか、この方法で対応できることが多いです。

一方、、、

逆は、困りものです。

つまり、

イザナミ

システムトレードの達人

とか、

イザナミ

シストレ魂

は、なかなかうまく行きませんね。というか、殆どダメでした。やはり、それだけ分割調整の影響が大きいってことなんでしょうね。

それこそ、「イザナミだと最高なのに、他ではぜんぜんダメだ…」ってことも、多々あります。この点については、イザナミを使って実運用をしている方は、知っておいた方が良いかもしれないですねー。

◆  ◆  ◆

…とまぁ、色々とお話ししてきましたが、

「売買ルールを移植できない!」
と、お悩みの方は、

ぜひぜひ、参考にしてみて下さいね(*´ω`*)

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J