From:中原良太
横浜の自宅より、、、

「残業は甘え」「残業は甘え」「残業は甘え」・・・。

自分にどんどん言い聞かせていこう。そうしないと、
また残業してしまいそうだ…!(不安)

◆  ◆  ◆

9日の日経平均は99円81銭安でした。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、9業種が値上がりしました。一方、残りの24業種が値下がりしました。

トランプ氏がイラン核合意について言及したことが売り手がかりとなり、日本株は上値が重くなりました。大型株や新興株、まんべんなく下落したので、全体的に様子見ムードが強まっている様子ですね。

さらに、米10年債はふたたび3%を超える局面も見られました。2月の相場暴落時のように、金利上昇が日本株の下落へとつながる危険性もありますので、注意しておく必要があるでしょう。

ただし、、、

正直なところ、「金利の上昇」については、今回は悲観する必要は無いと考えています。そもそも、米金利は日本株市場と相関がありません。米金利が上昇すると、「円安」(好材料)と「米国株安」(悪材料)の両方につながります。好材料と悪材料が互いに打ち消し合うことから、結果的に「トントン」になる可能性が高いのです。

そこで、これから注目したいのが、米国株市場の動向です。仮に、米国株市場が金利によって崩れなければ、円安の波にのって日本株は強気に推移する可能性が高いと判断できるでしょう。ちなみに、9日18時時点で、NYダウ先物は強気です。ですから、米金利の上昇については、今のところ悲観しないでも良いと思います。

また、円安も進行していますので、10日の日経平均は強気に推移しそうですね。相場の上昇が期待できるような今の状況では、これまでの下落幅が大きな、「不人気銘柄」に注目することで、今後の値上がりが期待できるでしょう。参考までに、直近1ヶ月で特に不人気な業種をご紹介します。

◯直近1ヶ月で不人気な3業種
・空運(前月比-2.38%)
・ゴム(同-1.29%)
・医薬品(同-1.21%)

以上の3業種は、これから上昇へ転じる余地もあるため、それぞれ注目してみてはいかがでしょうか。

5月9日17時36分現在でCMEは対日経平均比+41円とやや強気です。これは、日本株市場にとっては好材料と捉えられるでしょう。

以降は、日本相場の上昇に期待しています。よって、5月10日のスタンスは【大幅高になる】と強気で行きます。

注意しながら、着実な利益を狙っていきたいところですね。

・・・
・・・
・・・

これから、いま注目している株を紹介します。
早速、以下をご覧くださいませ…。

 

いまが買いどき!? これが今日の有望カブだ!

==============
これから1週間の注目銘柄
==============

【買い】(4502)  武田薬品工業
【買い】(6954)  ファナック
【買い】(8306)  三菱UFJフィナンシャルグループ

※値動きが似た株を買った場合、約52%の確率で値上がりし、約1カ月(20営業日)で約0.6%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

 

いま買うのは止めとけ!? これが今日の要注意カブだ!

==============
きょう1日の要注意カブ
==============

【売り】(3542)  ベガコーポレーション
【売り】(6177)  AppBank
【売り】(9399)  ビート・ホールディングス・リミテッド

※値動きが似た株を買った場合、約65%の確率で値下がりし、1日で約1.6%の損失につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、急落となるおそれがあります。あなたが既にこの株をお持ちの場合は、良い手仕舞いどきかもしれません!

※シグナルは空売りできない銘柄も含まれます。



どれも統計的に見て、有効なシグナルです!^^@ ぜひ、これからのトレードのご一助のなれば幸いです。m(_ _)m では、今日も1日、引き締めて行きましょう!

 

PS

着実に利益を出すために大切な考え方を全て、この本にまとめました。利益を出したいトレーダーの方に、オススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J