From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ここ最近、研究中のネタを、
1つご紹介しましょう。

それは、
「順張りと逆張り」
アノマリーです。

 

この↓アノマリー、知ってる?

曜日だとか、月だとかによって、

順張りと逆張りは、
利益を出しやすい時期だとか、
損失を被りやすい時期が違います。

たとえば。

12月の相場は、
順張りの傾向が強いです。

つまり、

いちど下がり始めた銘柄が、
さらに値下がりしやすく、

いちど上がり始めた銘柄が、
さらに値上がりしやすい、

ということです。

なぜかというと、
12月は節税対策が意識されやすく、

「損切りしやすく」
「利益確定をためらう」
時期だからですね。

(分析の仕方によって、データの見え方は違います。だから、ぜひあなたも調べてみて下さいね(*´ω`*))

こういう時期には、
相場は順張りに動きやすいと思います。

ほかにも、、、

週明けは順張り傾向が強く、
週明け以外は、逆張り傾向が強いですね。

トレード期間にもよりますが、
このあたりのことを深掘りするだけで、

かなり、成績が、
変わってくる気がしますねー。

「月」と「曜日」のアノマリーは、
かなり研究しがいがあると思っていて。

ちょっと研究するだけでも、
そこそこ有効な運用術が見つかるので、
オススメのテーマだと思いますねー。

 

ただし、、、

アノマリーは根拠としては弱く、
有効性が薄れることもあるので、

それだけに頼るというよりは、
「組み合わせて使う」ことを、
意識すると、良い気がしますね。

全ての傾向は、
諸刃の剣ですから、

うまく付き合っていくのが、
賢明だと思うんですよねー。

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J