From:中原良太
横浜の自宅より、、、

さいきん、働きすぎだ!

今月は、深夜残業を禁止しようかしら。
「残業当たり前」は、本当アブないからなぁ…。

気をつけなくては…!

 

◆  ◆  ◆

5月7日、日経平均は5円62銭安となりました。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、17業種が値上がりし、値下がりした業種は16業種となりました。

先週末に米国株は大きく上昇しました。これにより、日本株市場には強気な追い風となるかと思っていましたが、日経平均は高よりしたのち、急反落。GW明けの日本株市場は、やや雲行きの怪しい動きとなりました。

一方、明るいニュースも。米国株ではバフェット氏がアップル株を追加取得したとのことで、新興株市場を中心に強気な推移が目立ちました。これを受けたからか、日本株市場においても、ジャスダックやマザーズ市場に強い動きが広がりましたね。ボーナス月がだんだんと近づいてきましたので、個人投資家に好まれやすい新興株に、ふたたび資金が流入する可能性も期待できそうですね。

さて、これからの展望についてですが、「大型株は上昇が一服」「新興株はもみ合いが続く」と予想します。まず、日経平均は「逆張り傾向が強い」です。つまり、「上昇が来たら、次は下落」「下落が来たら、次は上昇」というように、もみあいながら値動きする傾向があります。4月以降、日経平均はコンスタントに値上がりしていますので、そろそろ上昇が一服するのではないかと考えています。

次に、新興株市場についてですが、新興株に関しては、7日は強気だったものの、マザーズは依然、弱気が目立ちます。他、ジャスダックのグロース株も軟調ですね。よって、上場してから日の浅い、小さな会社ほど、新興株は上値が重いようです。こういった銘柄は一度下落がはじまると、際限なく下落するおそれがあるので、注意しておく必要があるでしょう。

相場上昇が期待しづらい、今のような状況では、ここ1ヶ月で大きく上昇した株ほど、換金のために売られやすいと考えられます。よって、こういった銘柄には、注意しておく必要があるでしょう。

ちなみに、ここ1ヶ月で大きく上昇した業種は、以下の3業種です。

【ここ1ヶ月で大きく上昇した業種別株価指数】
◯ 電気・ガス(前月比+13.54%)
◯ 不動産(同+8.70%)
◯ 石油・石炭(同+8.55%)

以上の3業種については、ここ1ヶ月で大きく上昇しました。これから、換金売りされやすいと考えられます。

CME先物は、5月7日17時47分現在で対日経平均比-7円。わずかながら弱気です。日本株市場は、しばらく上値が重いと考えられます。

今のところは、あまり資金を投入せず、様子見しておくのが良いでしょう。5月8日は、弱気で臨みます。今まで以上に、リスク管理に気をかけておきたいですね。

・・・
・・・
・・・

これから、いま注目している株を紹介します。
早速、以下をご覧くださいませ…。

 

いまが買いどき!? これが今日の有望カブだ!

==============
これから1週間の注目銘柄
==============

【買い】(6301)  コマツ
【買い】(6954)  ファナック
【買い】(8306)  三菱UFJフィナンシャルグループ

※値動きが似た株を買った場合、約52%の確率で値上がりし、約1カ月(20営業日)で約0.6%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

 

いま買うのは止めとけ!? これが今日の要注意カブだ!

==============
きょう1日の要注意カブ
==============

【売り】(5008)  東亜石油
【売り】(6177)  AppBank
【売り】(9399)  ビート・ホールディングス・リミテッド

※値動きが似た株を買った場合、約65%の確率で値下がりし、1日で約1.6%の損失につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、急落となるおそれがあります。あなたが既にこの株をお持ちの場合は、良い手仕舞いどきかもしれません!

※シグナルは空売りできない銘柄も含まれます。



どれも統計的に見て、有効なシグナルです!^^@ ぜひ、これからのトレードのご一助のなれば幸いです。m(_ _)m では、今日も1日、引き締めて行きましょう!

 

PS

着実に利益を出すために大切な考え方を全て、この本にまとめました。利益を出したいトレーダーの方に、オススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J