From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

こないだ、大学の研究生時代の、
同窓会に参加してきました。

ぼくの同級生の全員は、
大学院を卒業しており、
修士号を持っています。

そのうえで、今年から、
社会人3年目の生活を送っています。

 

ブラック企業・・・

僕の同級生は、優秀な人ばかりです。研究者として、実験に対する姿勢は真摯だし。知的好奇心も旺盛だし。

かといってコミュ障という訳ではなく。そつなくコミュニケーションもこなせるし、友人関係も豊富…てな感じで。

「天は二物を与えず」なんて言いますが、あれは嘘ですね。彼らほど優れた人たちが、どうしてこうも、周りに集まってきたのか不思議です。二物どころか、三物も、四物も、持っていますし…(´;ω;`)羨

そんな彼らが、今では社会人3年目です。優秀な彼らが、いわゆる「ブラック企業」というところで務めています。

サービス残業はあたりまえ。帰れるのは、夜の12時以降があたりまえ。上司には人間性のカケラもない人が多く、もはや奴隷以下の生活を強いられる。こんな現状を過ごしていました。

「優秀な人なら、そんな苦境でも耐えられるんじゃない?」と思う人も居るでしょうが、それは無理です。

それにしても、驚きました。まさか、あの優秀な同級生たちが、ブラック企業に努めているなんて。あまりに劣悪な環境だったので、話を聞くほど怒りがこみあげてきました。それと同時に、奴隷以下の扱いをされている仲間の姿を見て、悲しい気持ちになりました。あまりに酷い職場環境だったので、「早く転職したほうが良いよ」と話しました。

許せない・・・。

こんな職場が、成り立っていてはいけない。そんな会社さっさと辞めてしまってしまえば良いのです。どうせ、将来性なんてものは無いのだから。

もう、組織そのものが腐っているんです。腐ったみかんを、元の新鮮なみかんに戻すことはできません。だから、努力するだけ無駄なんです。

 

どんなに優秀でも・・・

大事な話をしましょう:

まず、自分の身をおくべき環境は、自分で選ばなくてはなりません。成り行きに任せて、他人のせいにしたところで、責任を取るのはあなた自身ですからね。

ブラック企業に入ったとして、そこから「抜け出す」と決意できるか。自分の人生を守ることができるかどうかは、あなた自身にかかっています。

どんなにあなたが優秀でも、劣悪な環境にいては、可能性を潰されます。ブラック企業や、生産性の職場。そういった環境は、あなたから時間と情熱を奪ううえ、大した報酬もくれません。クソほどの価値もありません。

だからこそ、そういった環境の犠牲にならないでください。自分の身の置くべき環境に、妥協しないでください。

これは、投資家・トレーダーとしての心構えとしても重要です。自宅にこもってコツコツ何かを学んだところで、卓越したパフォーマンスを出せる訳がありません。パフォーマンスを求めるなら、学びの環境を自分で作らなくてはなりません。

ちなみに、、、

あなたは、「通信講座で空手を習った」という方を見たことはありますか? 無かったとして、その人が、本当に免許皆伝の腕を持てると思いますか?

…そんなの、ムリに決まってますよね(笑)

成功している人たちは、学びの場を求めて「外の世界」に参加します。それこそ、セミナーに参加したり、コネを作ったり、といった具合ですね。

「自分の人格は、自分が最も親密にしている10人の加重平均値になる」

これは、僕の人生哲学の1です。自分の脳みそは、周囲の人たちから、とてつもなく影響を受けています。だからこそ、隣に置く人は、慎重に選ばなくてはなりません。

「こんなヤツになりたくない!」という人が周りに多い方は、注意が必要です。このまま行くと、あなたはその人のようになります。人格が汚染されていくのです。抗うことよりも、順応することの方がラクですからね。

それと、補足です。「家に引きこもる」というのは、本気じゃない人がやることです。引きこもっていたら、なんでもかんでも、自己満足で完結できてしまいますからね(笑)

本気で成功したいなら、家なんかにこもってないで、外に学びの場を求めましょう。できれば、その道で成功している先輩に囲まれましょう。優秀で成果を残している、ホワイトな人ばかりの環境に身を置きましょう。

心のきれいな人と時間を過ごしましょう。優れた人と過ごしましょう。自分にプラスの影響をもたらす環境に身を置きましょう。くれぐれも、マイナスな環境に身を置かないように。

どんな選択をするにせよ、全部あなたの責任ですからね。誰も、あなた以上に、あなたのことを守ってくれる人なんて居ないのですから。

– 中原良太

 

PS

あ、そうだ。ぼくが、運用法を考えるときの基本的な概念を、この1冊にまとめました。ヒミツを知りたい方は、ぜひ読んでくれると嬉しいな(*´ω`*)

http://amzn.to/2gqXT9J