From:中原良太
横浜の自宅より、、、

あと3日で、検証ソフトのお買い得キャンペーンが終わります。(お見逃しなくっ!)
>> http://fairtrade.shop-pro.jp/?pid=116534121

◆  ◆  ◆

4月19日、日経平均は32円98銭高となりました。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、20業種が値上がりし、値下がりした業種は13業種にとどまりました。

新興株市場の下落が止まりません。もう、個人投資家は弱気一辺倒ですね〜。18日には一瞬だけ反発しましたが、ぜんぜん買い意欲が見られません。だんだんと雲行きが怪しくなってきましたね。相場が上がる気がしません。

新興株の弱気ムードは、大型株市場にも感染るかもしれません。というか、実際は大型株市場も弱気ムードなので、ふたたび下落へ転じれば、やはり本格的な下落トレンド入り、「アベノミクス終了のお知らせ」となるような気がしています。(まぁ、未来はどうなるか分からないので、どう転んでも良いように準備しておく必要がありますが)

もう少し長い目で見た話をすると、4月は統計的に見て上がりやすい傾向があるのですが、5月に入ると「セルインメイ」という言葉にもあるとおり、相場は下がりやすい傾向が見られます。よって、今の相場上昇が止んだらそれを天井に、結構強めの下落がくるのではないかなぁ?と、個人的には踏んでいます。

下落トレンド入りが現実のものとなれば、これはリーマンショック以来、10年ぶりのことです。上昇相場しか経験したことの無いかたからすれば、「予想を上回る悲惨な相場」ですので、今のうちから心積もりしておくのが大事だと考えます。

相場上昇が期待しづらい、今のような状況では、まだまだ下落していない株ほど、換金のために売られやすいと考えられます。よって、こういった銘柄には、注意しておく必要があるでしょう。

ちなみに、ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種は、以下の3業種です。

【ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種別株価指数】
◯ 鉱業(前月比+10.88%)
◯ 電気・ガス(同+9.67%)
◯ 石油・石炭(同+9.11%)

以上の3業種については、まだほとんど下落していません。これから、換金売りされやすいと考えられます。

CME先物は、4月19日18時7分現在で対日経平均比-21円。わずかながら弱気です。日本株市場は、ふたたび暴落につながるかもしれません。

今のところは、あまり資金を投入せず、様子見しておくのが良いでしょう。4月20日は、弱気で臨みます。今まで以上に、リスク管理に気をかけておきたいですね。

・・・
・・・
・・・

これから、いま注目している株を紹介します。
早速、以下をご覧くださいませ…。

 

いまが買いどき!? これが今日の有望カブだ!

==============
これから1週間の注目銘柄
==============

【買い】(6954)  ファナック
【買い】(8306)  三菱UFJフィナンシャルグループ
【買い】(8316)  三井住友フィナンシャルグループ

※値動きが似た株を買った場合、約52%の確率で値上がりし、約1カ月(20営業日)で約0.6%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

 

いま買うのは止めとけ!? これが今日の要注意カブだ!

==============
きょう1日の要注意カブ
==============

【売り】(6634)  ネクスグループ
【売り】(3194)  キリン堂ホールディングス
【売り】(3936)  グローバルウェイ

※値動きが似た株を買った場合、約65%の確率で値下がりし、1日で約1.6%の損失につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年2月28日)

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、急落となるおそれがあります。あなたが既にこの株をお持ちの場合は、良い手仕舞いどきかもしれません!

※シグナルは空売りできない銘柄も含まれます。



どれも統計的に見て、有効なシグナルです!^^@ ぜひ、これからのトレードのご一助のなれば幸いです。m(_ _)m では、今日も1日、引き締めて行きましょう!

 

PS

着実に利益を出すために大切な考え方を全て、この本にまとめました。利益を出したいトレーダーの方に、オススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J