From: 中原良太
満員電車の車内より、、、

買おうか、諦めようか。
はてさて、どうしたのか…?

◆  ◆  ◆

最近、買おうかどうしようか、
迷っているスマホゲームがあります。

価格は、およそ600円。お昼ご飯、一食分くらいの価格です。スマホゲームにしては高い部類かもしれませんが、面白ければ問題ありません。専用機で売られているゲームより、はるかに安いです。だからこそ、気になってしまう…。

これは、去年までは全く無名だったゲームでした。それが、今年に入ってから急に人気化したのです。あまりに意味不明なゲームだったので、人気ゲームランキングに掲載されたときは目を疑いました。

そのゲームの名前は、「Getting Over It」

無名なゲームなので、きっとあなたはこのゲームのことは、何も知らないかと思います。僕も、ついこないだまで、知りませんでした。

このゲームは、一種のアクションゲームです。

下半身が壺にハマったムキムキな男性が、ハンマーを片手に登山するというゲームです。

…こんな説明を聞いても、あなたは理解が追いついていないと思います。「は?」とか、「何言ってるの?」「バカなの?」とか、そう思ったことでしょう。

しかし、、、

残念ながら、これ以上、分かりやすく説明する方法が思い浮かびません。「下半身が壺にハマったムキムキな男性が、ハンマーを片手に登山するというゲーム」以上に、的確かつわかりやすい説明は無いと思います…。

どんなゲームか気になる方は、ぜひGoogleで検索してみて下さい。参考までに、検索結果のリンクを貼り付けておきますね。

https://www.google.co.jp/search?q=getting+over+it&tbm=isch

 

こんなゲームが流行るなんて…!

Googleの検索結果は、見ていただけましたか? 僕の説明通りのゲームだったでしょ? 検索結果を見ても、よく分からなかったという方は、ぜひ、画像や動画を検索してみて下さい。そうすれば、ほぼ確実にどんなゲームか理解して頂けると思います。

ちなみに、このゲーム。去年の年末あたりまでは、人気過ぎて、iPhoneの人気ゲームランキングで1位に常駐していました。ゲーム好きなら、一度は目にしたことのあるゲームだと思います。

…去年の今ごろ。果たして誰が、こんなゲームがiPhoneゲームのランキングで1位を獲得するなんて思ったでしょうか?

まさか、「下半身が壺にハマったムキムキな男性が、ハンマーを片手に登山するというゲーム」が、世界でいちばん流行するなんて、誰も思わなかったでしょうね。

まさに、予想外。だれも予期できなかった未来だったと思います。仮に僕が2017年のはじめにタイムスリップしたとして。周りの人たちに「今年はGetting Over Itが流行る!」なんて言っても、誰も信じないでしょうね…(笑)

仮に「今年、人気になるゲームを当てるクジ」みたいなのがあったとすれば、2017年のはじめ時点では、99.99%の人は外したでしょうね。誰にも、当てられなかったと思います。

 

ここからが大事な話です。

おっと、すみません。すこし、ゲームの話で盛り上がり過ぎましたね。(ゲームが好きなので、熱くなってしまいました…。)

ここから大事な話をします。それは、「未来は誰にも予測できない」という話です。

「また、その話か!」と思う方も、我慢して聞いて下さい。ぼくが繰り返しこの話をするのは、それだけ大事だと思うからです。

どんなゲームがこれから流行るのか、誰にも予想できないように。この世界はあまりに複雑過ぎて、将来を予測するなんてことは、誰にもできません。(そんなことできたら、地球を征服できますよ。冗談抜きで。)

「どのゲームが人気になるか?」とか。こんな単純なことですら、誰にも分かりません。相場のこととなれば尚更ですし、遠い未来のこととなると、想像もできません。

それだけ「将来のことなんて、誰にも予測できない」んです。

…にも関わらず、資産運用の「資」も知らない人たちは、それでも将来を必死に予想する。しかも、あやふやな予想に一点張りしようとして、簡単に自滅する。

本来であれば、「将来のことなんて、誰にも予測できない」のだから、どう転んでも良いように準備すべきだと思うんですよ。

「予想できる」なんて勘違いするから、一点張りしようとする。これ、とんでもない間違いだと思うんですよ。(この勘違いのせいで、どれだけ多くの人たちが損してきたことか…!)

大事なことなので、繰り返します。
「未来は誰にも予測できない」
このことを身体で理解しておかないと、

ほぼ確実に痛い目に遭うと思うんですよね〜…。

– 中原良太

 

PS

資産運用で失敗しない方法を、本気出して考えました。中原家では、この方針で資産を運用しています。

https://sfmr.jp/products/school0003_01