From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ぎゃああああ!
むっちゃ負けてる!(´;ω;`)

610万円まで増えた運用資金が、
2週間足らずで535万円に…。

75万円も減ってしまった!
ひゃ〜。派手に減ったなぁ。
結構やられましたね…。

 

悔しい!!!

さて。これだけ負けているのを見ると、「さぞや中原は悔しい思いをしているだろうな」と思うでしょう? まぁ、実際のところ、むっちゃ悔しいのですが笑

たしかに、改良すべき点は、いくつか見つかりました。「利益確定のタイミング」とか、「損切りをどれだけ遅らせるか」とか。

今回の損失は、仕掛けのミスというよりは、手仕舞いのミスによる可能性が、高いと思っています。

つまり、「突発的に起きた暴落に対して、どれだけうまく対応できたか?」ってことですね。正直、現状では「上手くやった」とは言えません苦笑

なので、反省はしなきゃいけないと思っています。しばらく家にこもって、バックテストやりたいです。仕事休みたい。

 

正直、上出来だと思う。

ただ、、、

今回の一件で、そこそこのドローダウンを食らっている訳ですが、「今のルールに致命的な欠陥がある」とか「自分の運用法を信じられなくなった!」とか。そういったことは一切ありません。

むしろ、日を経るごとに、信頼度は増していっています。正直、ぼくは一時的な損失だとか、含み損に関しては、どうでも良いと思っていて。

「運用成績はインデックスを上回っているか?」の方をはるかに重視しています。だって、インデックスより成績が悪いのだったら、黙ってインデックス投資した方が良いですからね。

3月26日時点で、TOPIXは年初の1841円から1671円に。3カ月で10%ほど値下がりしています。これだけ下がっているのだから、当然、資産は増えていなくても問題ありません。

というか、一般ピーポーにとっては、増やせない人が大半でしょう。そう考えると、多少のドローダウンを食っていたとしても、「3カ月で、プラス35万円(プラス7%)というのは、かなり上出来なんです。

…システムトレードさまさまですよね(笑) やはり、僕らシステムトレーダーは、愚直にシグナルに従うのが良いんでしょうね。その上で、インデックス以上の成果が残せれば、それで良しだと思います〜。

下手に気負わず。ほどほどに。相場が下がるときは、そりゃあ勝てませんよ。空売りをやっていれば、話は別ですが。

大切なのは、ここから。自分を見失わずに、いつも通り運用していれば、それで良いと思うんですよね〜。

– 中原良太

 

PS

資産運用で失敗しない方法を、本気出して考えました。中原家では、この方針で資産を運用しています。

https://sfmr.jp/products/school0003_01