From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

今日は、水曜日。

早く、明日にならないかしら。
いやぁ、たのしみだなぁ。

◆  ◆  ◆

中原家では、とあるテレビ番組がブームです。どんな番組かというと、「得する人、損する人」というタイトルの番組です。

これは、日常の家事に役立つ「トリビア集」みたいな。そんな特集バラエティ番組です。

「ラクして家事を済ませたい」
「どうせなら、手軽に美味しい料理を作りたい」
というニーズを満たしてくれる。

素晴らしい番組だと思います。

毎週、木曜日の20時。日テレ系列で放送されています。これ、むっちゃ面白い。この番組は、いつも観るようにしています。

 

ハンバーグの作り方

この番組で特に面白かったのが、「一流シェフ直伝、肉汁の出ないハンバーグの作り方」でした。

このコーナーは、本当に面白かった。

自称・料理専門家である女性タレントの考えたレシピを、ミシュラン星持ちのシェフが、バッサバッサに斬り倒すというコーナーでした。

このコーナーでは、「一般常識」を覆す、一流のバンバーグレシピが公開されました。

たとえば、、、

「肉ダネはほとんどコネてはいけない」
「肉汁が溢れてくるハンバーグが一番ダメ」
「ハンバーグを焼くときにフタを使うのはNG」

とか。

ふだん、料理をする人からはすれば、「嘘でしょ!?」と思うような話が満載でした。先日、レシピ通りにハンバーグを作ってみたところ、奥さんから「私が作ったハンバーグよりも美味しい…!」と言って、喜ばれました。

美味しいご飯を食べられるし、しかも、奥さんにも喜んでもらえる。無料の番組なのに。本当にすごい!

 

本を信じるなかれ

そうそう。「ハンバーグの作り方」のコーナーでは、シェフは、とある料理研究家のレシピをバッサバッサと斬っていきました。

彼女が書いたレシピ本を見て、「これは、致命的な間違いですね〜」「一番やっちゃいけないことてすね」と表現するなど。

彼女のレシピ本が、いかに間違いだらけかを露呈しました。料理専門家のことをバカにしたいのではありません。ただ、事実として、そうなんですよね。

さて。ここからが大事な話です。

それは、「本に書かれていることは、間違いだらけ」ということです。特に怪しいのは、「◯◯研究家」的な肩書きの人が書いている本と、ノウハウ本ですね。

一流のシェフが、料理研究家タレントをメッタ切りにしたように。物事を極めた人からすれば、世の中には、間違った知識が出回り過ぎているようです。

他にも、ほとんどのウィキペディアの記事には、間違った記載があるとか。

ほかにも、いっぱしの投資家から見れば、「うわ。この本、間違いだらけやん…!」という内容の投資本があったり。

ホント、世の中、間違った情報が出回りまくっているんですよね。本に書かれているからといって、それがホンモノ(=正しい)とは限らなくて。

ホンモノの一流からすれば、「クソ」みたいな情報が、高いお金で販売されるとか。善意の「自称専門家」に、ダマされている人って、多いです。

(ブログとか、ウィキペディアとか。絶対に鵜呑みにしちゃいけないですからね。)

けっこう、間違いだらけなんです。

だからこそ、、、

「他人の話を鵜呑みにしない」
「自分で事実を調べる」
というのが、

本当に大事だと思うんですよね〜。

– 中原良太

 

PS

資産運用で失敗しない方法を、本気出して考えました。中原家では、この方針で資産を運用しています。

https://sfmr.jp/products/school0003_01