【知る人ぞ知る】グローバルな投資家は密かに使っている、最高レベルの証券会社

【知る人ぞ知る】グローバルな投資家は密かに使っている、最高レベルの証券会社

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【知る人ぞ知る】グローバルな投資家は密かに使っている、最高レベルの証券会社

BARRON’Sより3年連続で「ベストオンラインブローカー」という好評価を獲得。

「(中原さんの戦略って)日本市場だけでなく、欧米市場もしくはアジア市場で通用しますか?」

8月の中頃、海外で投資をしているUさんから、
質問のメールがありました。

素晴らし過ぎるアイデアです。
私自身も、すごく気になります!

ただ、投資環境がまだまだ構築できていないのが実情でして汗
勿論、気にならないワケではないのですが、SBI証券などだと手数料がとにかく高い!
記憶は曖昧ですが、たしか往復で5,000円もかかります。

長期投資を行う分には、手数料はそこまで気にしなくても良いものの、
私は資金量が乏しく、しかも短期的な投資をメインとしていますから、ちょっと敷居が
高すぎるんですよね。。。

そんな事を考えて矢先、Uさんからこんな一言が。

「私の場合、証券会社はここを使用しています。」

Uさんが紹介してくれたのは、意外な証券会社でした。
(私は一応、知ってはいましたが、本当に使っている方とお話しするのは、これが初めての出来事でした。)

海外で活動するグローバルな投資家、Uさん。
彼は一体、どんな証券会社を使っているのでしょうか?

 

目次

  1. 19カ国の株式を売買できる!Interactive Brokers
  2. わざわざインタビューにもご対応して下さいました。
  3. 質問1:IBの良いところは?
  4. 質問2:IBの悪いところは?
  5. その他、回答して頂いたコト
  6. まとめ

 

1. 19カ国の株式を売買できる! Interactive Brokers

interactive brokers

表題には、【知る人ぞ知る】と書いてしまいましたが、、、
世界的には至ってノーマル。常識です。

ですが、
「前々からInteractive Brokersを知っていた」
という方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?

個人的には、読者様の中でも10%も居ないのではないかと予測しています。
日本では、SBI証券やクリック証券などがメインですからね。

ただ、BARRON’Sの評価は世界的にも格式高く、かなり有名な格付けです。
Interactive Brokersは世界的に高評価で、人気な証券口座と言えるでしょう。
ちなみに、IB(アイビー)とも呼ばれています。

知っておいて損はありませんから、必ずブックマークしておいて下さいね。

 

2. わざわざインタビューにも対応して下さいました。

わざわざインタビューにも対応して下さいました。

「こんな面白い情報、読者の方と共有しないワケには行かない!」

ちょうどメルマガのネタも切れかかっていた私は、下心満載のメールをUさんに送信。

先ほどまで偉そうな事を言っていましたが、
私自身もIBについては殆ど知らなかったので、興味津々でした笑

すると、

「いつもメルマガを楽しく読ませて頂いております。IBの件、どうぞご紹介下さい。」

というお返事が。

なんと寛大な。。。(私なら隠したくなってしまいます笑)
しかも、メルマガを読んでくれていたんですね…!(嬉)

そんなUさん。実はIBを約10年も使っているそうです。
(私の投資歴の倍もあります。。。)

IBに関する情報提供をお願いしたところ、Uさん快く対応して下さいました。
ちなみにその内容は、「IBの長所と短所を教えてください」というもの。

以降では、Uさんに教えて頂いた、IBの長所と短所をご紹介していきます。
必ず役立ちますので、メモのご用意を。

 

3. 質問1:IBの良いところは?

IBの良いところは?

(箇条書き)

  • 世界中の主要マーケットで株式、オプション、商品、先物、債券、ETF、FX、その他、品揃えが充実している。
  • 海外に住んでいる人でも口座が開ける。
  • TRADESTATION、NINJA TRADER等との接続が可能でAPI接続による自動売買ができる。
  • 多彩な注文が可能。多彩すぎて、Uさんですら分からない注文方法も。(例:さや取り注文)

 

4. 質問2:IBの悪いところは?

IBの悪いところは?
(箇条書き)

  • 日本株を取引するには手数料が相対的に高い(取引額の一部%)
  • カスタマーサービスが基本的に英語。(日本人担当者を呼べば日本語での対応可)
  • 日本の証券会社のように顧客の預け資金管理が信託銀行ではない
  • 引け成り注文が出来ない。(執行時間指定は可能:擬似的に14時59分59秒に注文するなど)
  • TWS(取引用のソフト)は1日に1度ログアウトする必要があり、再ログインが面倒

 

5. その他、回答して頂いたコト

その他、回答して頂いたコト
(箇条書き)

  • スリッページは、体感的に1〜3ティック程度あります。(売買代金5億以上)
  • 10年ほど使用しており取引回数は約4,000回ありますが、特に大きな問題もなく、概ね満足しています。
  • 唯一の難点は手数料です。
  • 国内に住んでいて、日本株だけの売買をするのであればIBは選択肢には入らないでしょう。一方、海外の市場も視野に入れて取引するのであれば、IBがベストだと思います。

 

6. まとめ

まとめ

読者の皆さん。
本日ご紹介したInteracitve Brokersの口座、ぜひ開設してみて下さいね^^@
私も帰国したら、開いてみようかな。。。

【Uさんへ】
些細なお問い合わせメールから始まった会話でしたが、
まさかこんな良い特ダネを頂けるなんて思ってもみませんでした。

メールでのやりとりでしたが、全てにおいて丁寧な返信をして下さり、
ありがとうございます。
おかげさまで、読み応えがあり、価値がギッシリ詰まった記事を作成できました。

改めて、ありがとうございました!
そして、今後とも宜しくお願いします^^@