From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

タ、タイトルが古い!(恥)

でも、許してください。
どうしてもあなたの注意を引きたくて、
このタイトルを採用しました。(汗)

ジャスダックが盛り返してきました。日経平均はパッとしませんが、下落トレンド入りすることなく、一応は底堅い動きを続けています。

日経平均は、「短期(25日)で下落」「長期(200日)で上昇」していると、買い時です。いわゆる、「押し目買い」のタイミングですね。今はまさに、そのような好機だと思います。

一方、JASDAQなどの新興株は、「短期(25日)で上昇」「長期(200日)で上昇」していると、続伸しやすい傾向があります。いわゆる、「順張り」で利益を出しやすいです。これはこれで、良いタイミングだと思います。

ぼく個人としては、一番強いジャスダックを中心に、株を買い付けまくっています。(急落したら、かなり損しそうですが…汗)

これからの対策としては、2つの策が考えられます。1つは、弱気な大型株を狙った「逆張り」。もう1つは、強気な新興株を狙った「順張り」です。いまの地合いだったら、どちらでも利益につながりそうですね。

個人的には、ここ最近はずっと新興株を買い付けてきたので、そろそろ大型株に注目してみても良いかなぁ…?と思っています。

・・・ということで、今の状況では、「大型株を狙った逆張り」で、利益を狙っていきたいですね〜^^@

ちなみに、私自身がよく使っている投資法は以下の3通りしかありません。それは、以下の3通りです。

【相場が上昇相場のとき…「順張り投資」】
年初来高値更新銘柄など、上昇傾向が強い銘柄の続伸を狙います。

【相場が下落相場のとき…「逆張り投資」】
暴落相場などで、中長期で下落した銘柄のリバウンドを狙います。

【相場がボックス相場のとき…「押し目買い投資」】
人気株の下落を狙って、小さなリバウンドを狙います。

上記のように相場の状況によって投資法を使い分けると、過去の統計上、利益を出しやすい傾向があります。この3つの投資法を使い分けることで、どんな相場でも利益を出せると期待できます。

このパターンを踏まえた上で、僕の投資スタンスはこんな感じです。

【TOPIX銘柄:逆張り】
注目中の銘柄例:日本ハウスホールディングス<1873>
3月5日に1Q業績を発表。1Qは赤字拡大で着地しており、やや嫌気されている様子です。一方、これまでの株価下落が激しく、予想配当利回りは4%超と高め。これから買い支えが入る可能性が期待できます。反発の可能性に期待したい。

以上が、いまの僕の投資スタンスです。

もちろん、100%の確信などはありませんので、「何が起きても対応できるよう準備しておく」のが、良いでしょうね。

ということで、今週も気を引き締め直して、着実に利益を狙いましょう〜!

– 中原良太

 

PS

着実に利益を出すために大切な考え方を全て、この本にまとめました。利益を出したいトレーダーの方に、オススメです!

http://amzn.to/2gqXT9J