From:中原良太
横浜の自宅より、、、

ぎゃ〜〜〜。新興株がドカンと落ちた!
マザーズ指数は前日比−5%、ジャスダック平均は前日比− 2.5%でした。

運用資金のほぼ全てをジャスダックにぶち込んでいる僕にとっては、強烈な下落ですね。貯まっていた含み益が、1日で吹き飛んでしまいました(笑)

これくらいの損失は、許容範囲だから良いですが。急に減っていくのを見るとやはり、ちょっとやそっとの利益じゃ喜んじゃいけないって実感します(汗)

◆  ◆  ◆

さて。3月5日、日経平均は139円55銭安となりました。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、値上がりした業種は9業種にとどまり、残り24業種が下落しました。

他の市場を見てみましょう。市場別に見ると、3月5日は以下のような動きとなりました。

  • 東証一部(TOPIX):−13.55ポイント(前日比−0.79%)
  • 東証二部指数:−132.34ポイント(同−1.83%)
  • 日経ジャスダック平均:−101円82銭(同−2.50%)
  • マザーズ指数:−60.81ポイント(同−5.01%)

市場別に見ると、3月5日は「小型株ほど弱い」「大型株ほどマシ」という動きが目立ちました。これまで強かった新興株が軒並み安となり、個人投資家はビックリしたことでしょう。

さて。今後の展望についてですが、ぼくは今回の新興株暴落を、かなり悲観視しています。これから、その理由をお話ししましょう:

経済指標は、終値が75日線や200日線を下回ると、一気に弱気に転じる傾向があります。特にこれまで日本株は、200日線を割り込むと超弱気になりがちでした。日経平均が。

5日の相場下落により、新興株市場の指数が、中期線(75日線)を割り込んだからです。もっと言うと、日経平均やTOPIXは、長期線(200日線)を割り込みました。さらに、海外へと目を向けると、NYダウも75日線を割り込みました。

国内・国外を問わず、相場が弱気方向へと転じています。仮に、過去の歴史が繰り返したとすれば、今回の相場下落が「下落トレンド入り」の引き金となってもおかしくないでしょう。

かつてのリーマン・ショックのように、「2回目の暴落」「3回目の暴落」のように、何度も暴落がくる可能性もあります。しばらくポジションをおさえ、静観しておくのが無難だと思います。

相場上昇が期待しづらい、今のような状況では、まだまだ下落していない株ほど、換金のために売られやすいと考えられます。よって、こういった銘柄には、注意しておく必要があるでしょう。

ちなみに、ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種は、以下の3業種です。

【ここ1ヶ月でほとんど下落していない業種別株価指数】
◯ 空運(前月比-1.71%)
◯ 医薬品(同-2.09%)
◯ 小売(同-2.49%)

以上の3業種については、まだほとんど下落していません。これから、換金売りされやすいと考えられます。

CME先物は、3月5日17時27分現在で対日経平均比-47円。やや弱気な動きです。日本株市場は、ふたたび暴落につながるかもしれません。

今のところは、あまり資金を投入せず、様子見しておくのが良いでしょう。3月6日は、弱気で臨みます。今まで以上に、リスク管理に気をかけておきたいですね。

…ということで。3月6日も、気を引き締めていきましょ~!

・・・
・・・
・・・

これから、いま注目している株を紹介します。
早速、以下をご覧くださいませ…。

 

いまが買いどき!? これが今日の有望カブだ!

==============
これから1週間の注目銘柄
==============

【買い】(8801)  三井不動産

※値動きが似た株を買った場合、約54%の確率で値上がりし、1週間(5営業日)で約0.4%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~17年12月31日)

 

==============
きょう1日の注目銘柄
==============

【買い】(3765)  ガンホー・オンライン・エンターテインメント
【買い】(7974)  任天堂

※値動きが似た株を買った場合、約54%の確率で値上がりし、1日で約0.3%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~17年12月31日)

 

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、値上がりしやすい銘柄です。ぜひ、これらの銘柄に注目してみてはいかがでしょうか。

 

いま買うのは止めとけ!? これが今日の要注意カブだ!

==============
きょう1日の要注意カブ
==============

【売り】(2338)  ファステップス
【売り】(3689)  イグニス
【売り】(6358)  酒井重工業

※値動きが似た株を買った場合、約65%の確率で値下がりし、1日で約1.1%の損失につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年1月29日)

 

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、急落となるおそれがあります。あなたが既にこの株をお持ちの場合は、良い手仕舞いどきかもしれません!

※シグナルは空売りできない銘柄も含まれます。



どれも統計的に見て、有効なシグナルです!^^@ ぜひ、これからのトレードのご一助のなれば幸いです。m(_ _)m では、今日も1日、引き締めて行きましょう!

 

PS

苦しい時期を超え。今まで培ってきた全ての知恵を、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J