From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

資産運用スクールのお問い合わせが沢山きています。返信が少し遅れており、すみません…。1人1人、回答しております…!



2月15日の日経平均は310円81銭高でした。東証一部の業種別で見ると、全33業種中、28業種が値上がりしました。また、残りの5業種が値下がりしました。

円高が急激に進行しており、不安があります。今日の日中も円高が進んでいたので、「おいおい、大丈夫かしら・・・?」と、不安に相場を眺めていました。

しかし、昨日の夜に、欧米株が強い動きを見せたのが、追い風に。15日の日本株は、1日じゅう強気な推移を続けました。

これまでは、海外市場が上がっても、日本株だけは下げていました。下げ止まらない株価を見て、「やばいかも…」と、気が気でなかった方も多いはず。そういう意味では、今回の日本株の反発は、ひと安心の動きだったかもしれません。

しかし、まだ警戒を解いてはいけません。日本株全体が反発したとはいえ、まだ完全に復調した訳ではありません。むしろ、先週と比べると、ジャスダックやマザーズなどの、新興株市場が弱気に触れてきました。

東証一部、ジャスダック、マザーズ。どの市場も、インデックスの終値が75日線を割り込みました。下落トレンド入り一歩手前の「危険信号」が出ています。このままズルズル下落が続き、200日線までも割り込んだら、本格的な下落相場につながるかもしれません。そうなったら、一気に相場が冷え込んで、なかなか利益も出しづらくなるでしょう。

未来がどうなるかは分からないので、あくまでこれは「仮定」の話です。そうなってから、あたふたするのでは遅いので、今のうちから注意しておきましょう。

唯一、今のところ、まだ強気姿勢を保っているのは「東証二部」ですね。ここだけは、かろうじて上昇トレンドを保っています(他の市場に足を引かれないと良いのですが・・・)。いま、ぼくが株を買えるとしたら、東証二部の銘柄を狙いたくなりますね。

さて、これからの展望についてです。これまで日本株市場は、海外市場が反発しているにも関わらず、相場が下落してきました。反発がワンテンポ遅れたこともあり、15日の反発だけでは、「戻りきっていない」印象を受けました。海外市場が、引き続き強気の姿勢であれば、日本株もまだまだ反発が続くと思います。

ただし、「底打ちした」と判断するのは早いでしょう。各種インデックスの終値が75日線を回復するまでは、まだ安心できません。引き続き、警戒を続けておきましょう。はやく、上昇トレンドが復活すると良いのですが・・・。

相場の上昇が期待できるような今の状況では、

これまでの下落幅が大きな、「不人気銘柄」に注目することで、今後の値上がりが期待できるでしょう。

参考までに、直近1ヶ月で特に不人気な業種をご紹介します。

◯直近1ヶ月で不人気な3業種
・海運(前月比-19.36%)
・石油・石炭(同-15.32%)
・非鉄金属(同-14.78%)

以上の3業種は、これから上昇へ転じる余地もあるため、
それぞれ注目してみてはいかがでしょうか。

以降は、日本相場の上昇に期待しています。
よって、2月16日のスタンスは【大幅高になる】と強気で行きます。

注意しながら、着実な利益を狙っていきたいところですね。

・・・
・・・
・・・

これから、いま注目している株を紹介します。
早速、以下をご覧くださいませ…。

 

いまが買いどき!? これが今日の有望カブだ!

==============
これから1週間の注目銘柄
==============

【買い】(9437)  NTTドコモ

※値動きが似た株を買った場合、約54%の確率で値上がりし、1週間(5営業日)で約0.4%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~17年12月31日)

 

==============
きょう1日の注目銘柄
==============

【買い】(4568)  第一三共
【買い】(9404)  日本テレビホールディングス

※値動きが似た株を買った場合、約54%の確率で値上がりし、1日で約0.3%の利益につながりました。
(集計期間:00年1月1日~17年12月31日)

 

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、値上がりしやすい銘柄です。ぜひ、これらの銘柄に注目してみてはいかがでしょうか。

 

いま買うのは止めとけ!? これが今日の要注意カブだ!

==============
きょう1日の要注意カブ
==============

【売り】(3356)  テリロジー
【売り】(3660)  アイスタイル
【売り】(3791)  IGポート

※値動きが似た株を買った場合、約65%の確率で値下がりし、1日で約1.1%の損失につながりました。
(集計期間:00年1月1日~18年1月29日)

 

ご紹介した銘柄は、過去の統計から見て、急落となるおそれがあります。あなたが既にこの株をお持ちの場合は、良い手仕舞いどきかもしれません!

※シグナルは空売りできない銘柄も含まれます。



どれも統計的に見て、有効なシグナルです!^^@ ぜひ、これからのトレードのご一助のなれば幸いです。m(_ _)m では、今日も1日、引き締めて行きましょう!

 

PS

苦しい時期を超え。今まで培ってきた全ての知恵を、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J