From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ぼくら投資家が、絶対にやっちゃいけないことがあります。なんだと思いますか?

集中投資?
信用取引?
空売り?

…いいえ。違います。これらは確かに危険ですが、「やっちゃいけない」ほどのことではありません。きちんとポイントを抑えていれば、問題ありません。

じゃ〜、「絶対にやっちゃいけないこと」とは、何なのか? …賢いあなたなら、もうお分かりですね? では、答えを言います。準備は良いですか?

 

「想像」して買うな、「裏付け」を見て買え!

では、答え合わせです。

絶対にやっちゃいけないこと。それは、「想像で株を買う」ことです。これだけは、絶対にしてはいけません。

たとえば。

「最近、株価が安くなってきたなぁ。これだけ下がれば、そろそろ買い支えが入るんじゃないの?」とか。

「新規事業を始めた! そろそろ株価が上がりそうじゃない?」とか。

こういった判断だけは、絶対にしてはいけません。これは、素人の考え方です。

少なくとも、ぼくはこの運用スタイルには大反対です。こんなあやふやな勘で利益を出せたら、世の中はもっと金持ちですよ。でも、実際はそうじゃないでしょう?

「雰囲気」だとか、「勘」だとか。そんなものが当たれば、苦労はしないんです。それが出来ないから、ぼくらは必死に勉強して、精度を高めるんです。

なんどだって言います。「想像で株を買ってはいけません」。これは、資産を守るためにも、必要な教訓です。

レベルの高い投資家である、あなたなら分かってくれるでしょう。「想像に頼っちゃいけないなら、じゃあ、どうすれば良いのさ?」といった、野暮や質問はしてこないと思います(笑)

資産を殖やすために必要なのは、「想像力」ではありません。「裏付け」です。

ては、玄人はどうやって株を買うのか? さきほどの例を使って、考えてみましょう。

【素人の場合】
「最近、株価が安くなってきたなぁ。これだけ下がれば、そろそろ買い支えが入るんじゃないの?」(想像)

【玄人の場合】
「これだけ株価が下がった銘柄は、過去に何度も反発している。7割がたは、ちゃんと反発してる。よし、買おう。」(裏付け)

1つだけの例では、分からないかもしれませんね。もう1つの例を考えてみましょう。

【素人の場合】
「新規事業を始めた! そろそろ株価が上がりそうじゃない?」(想像)

【玄人の場合】
「今年に入ってから、新規事業を始めた会社は50社。そのうち7割は、1ヶ月で30%くらい株価が上昇してる。よし、買おう。」(裏付け)





こんな感じです。違いが分かりますかね? この違いが分からない人は、はやく株をやめたほうが良いと思います。分からずに運用するのは、危険です。

正当な投資家である、あなたなら、「ああ!分かるよ!」と言ってくれると思います。こんなこと、言うまでもなく、分かってくれるでしょう。

でも、、、

もし、周りに「想像」で株を、買っている人が居たら。危うい人を見かけたら。ぜひ、止めてあげて下さい。

彼らが大事な資産を失うまえに。あなたが助けてあげて下さい…。

– 中原良太

 

PS

資産を着実に殖やすために。知っておきたい基本を、この1冊に詰め込みました。きっと、あなたのお役に立つと思います。

http://amzn.to/2gqXT9J