ちょっと待って! 投資する前に確認すべき外部指標2選

ちょっと待って! 投資する前に確認すべき外部指標2選

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
ちょっと待って! 投資する前に確認すべき外部指標2選

1つの銘柄を分析するだけでは十分ではない。

「よし!もう確認することは無い!」

投資を決めた瞬間って、すごく勇気が要ります。

全部の情報を逐一チェックすることなんて不可能
ですから、

「この情報だけで十分だ!」
「駄目だった場合は、しょうがない!」
「勝ってくれるのを祈る!」

と、思い切って足を踏み出す必要が
あるからなんです。

「ちょっと待って!」
勇気を出して決定された方にはやや申し訳ないのですが、、、

その前にどうしても確認して頂きたい指標が2つあるんです。
それは、「マーケット全体が、どのような状況にあるのか?」を示す指標。
本記事では、私が最重要だと考える2つの外部指標をお教えしますね。

 

目次

  1. 2つの指標:騰落レシオ・日経平均
  2. まとめ

 

1. 2つの指標:騰落レシオ・日経平均

確率の勉強から始めてみよう

では早速2つの指標を紹介しますね。
それは、

  • 騰落レシオ
  • 日経平均

です。

騰落レシオはややマイナーな指標ですから、詳しく知りたい方は以下のリンクを参照ください。

なお、日経平均については皆さんご存知でしょうから、説明は割愛しますね。

それでは、何故これらの指標が重要なのかを解説していきます。

理由はたった1つ。
「株価の決定要因はその企業だけにとどまらないから」です。
さらに深く言及すると、
「市場全体の雰囲気によって、投資家は強気・弱気のスタンスを変えることが多々ある」
と言えるのです。

例えば、日経平均が強い時は、出遅れている株式は強気になる可能性が予想できますし、逆も然りでしょう。
このような時、「市場全体を手軽に判断できる指標」はとても有用です。

騰落レシオや日経平均は簡単に確認できますから、ぜひ活用して下さいね。

なお、様々な外部指標を確認できる良いサイトを見つけました。ブックマーク必須です。

 

2. まとめ

まとめ

投資をするなら、勝つ見込みが強い時に限定したいもの。相場全体の「雰囲気」は、あらゆる銘柄に対しても影響し得るものですから、必ずチェックしておくようにしましょうね。

ゴールデンチャートは、様々な指標をチェックできますから、ぜひ利用してみて下さい!

それでは!