【男性は要注意】「退屈」が投資家にとって危険な理由

【男性は要注意】「退屈」が投資家にとって危険な理由

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【男性は要注意】「退屈」が投資家にとって危険な理由

暇を持て余している時って、物欲が強まりますよね。

「最近、暇だなぁ。。。何か買ってみるか」
服、食べ物、ソフト、家具、DVDなどなど。

こういうのって、忙しい時期が一巡するとやってきます。
私も最近、忙しい時期を乗り越えたところで、やや退屈気味なんです。。。

「このままだとヤバい」
漠然とした危機感を持ちつつ、ネットサーフィンをしていたところ、「退屈」に関する面白い研究結果を見つけてしまいました。

 

目次

  1. 男は退屈より電機ショックを選ぶという研究結果(WIREDより)
  2. 「退屈」は自己破壊を促進するのではないか?
  3. 「退屈」を紛らわすためにできる事は?
  4. まとめ

 

1. 男は退屈より電気ショックを選ぶという研究結果(WIREDより)

男は退屈より電気ショックを選ぶという研究結果(WIREDより)

15分ほどひとりで何もせず過ごさせる実験を行ったところ、男性の場合は67%が、じっと考えにふける退屈より、自らに電気ショックを与える刺激を選んだ。

(引用:WIRED

ハーバード大学とヴァージニア大学の研究チームがScience誌に掲載した研究によると、15分間ひとりで何もない部屋に入れられた人は、男性の場合は67%が部屋に据え置かれた電気ショックのスイッチを押しました。一方、女性の場合は25%が電気ショックを自らに与えたそうです。

わずか、15分の退屈にも多くの人は耐えられない。これって、恐ろしいと思いませんか?

 

2. 「退屈」は自己破壊を促進するのではないか?

「退屈」は自己破壊を促進するのではないか?

退屈だと、大して魅力的でもない株に手を出したり、必要もない物を買ってしまう可能性が高まるのだと考えています。

「何もできない」
この状態にしびれを切らすのは、意外にも男性中心でした。
(女性ほうが社交的なので、退屈を嫌うイメージがありました汗)

男性の方は、「退屈」のせいで誤った意思決定をしたことはありませんか?
女性の方は、パートナーが「退屈」のせいで冷静でなくなっているのを見たことがありませんか?

 

3. 「退屈」を紛らわすためにできる事は?

「退屈」を紛らわすためにできる事は?

「退屈」が危険なのは、

  • 不必要なことに手を出してしまう
  • お金・時間を浪費してしまう

点に集約されます。

そのため、私は退屈を紛らわすために3つの事を実践することをお奨めします。

  • 動く(体を動かす、散歩でもOK)
  • 学ぶ(ネットサーフィンでも可、浪費してしまう可能性も高いが…)
  • 作る(プログラム、日用大工etc)

 

4. まとめ

まとめ

「退屈」をしのげるようになると、
日々の生活って、案外お金が掛からないものだと分かってきます。

「倹約は投資よりも簡単」
この言葉を言い聞かせながら、物欲と闘っている今日この頃です。

あなたは、退屈は嫌いですか?